FrontPage

広大グリー今日の出来事(3月)

●3月5日

 
1966
徳山演奏会
1967
第4回卒部式
1968
呉演奏会
1969
予定のフェア・ウェル・コンサート中止
1984
卒部式(広島大学大学会館)
1985
卒部式(広島大学大学会館)56生フェアウェルコンサート
1986
春前期合宿(江田島青年の家)(〜9日)

●3月6日

 
1961
<桜島大爆発>
1964
福山演奏会
1966
三原演奏会
1966
第3回卒部式(大学会館)
1969
第6回卒部式(社会福祉センター)
1985
春前期強化練習(三瓶青年の家)(〜10日)
1987
春前期合宿(江田島青年の家)(〜9日)
1988
卒部式(翠町会館)
1993
<金丸元副総理脱税で逮捕>
1994
卒部式(翠町会館)
1999
卒部式(国民年金保養センター)

三月 弥生

弥生(ヤヨヒ)【弥生】
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」

つげ【黄楊・柘植】
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

5日 啓蟄

> けい・ちつ【啓蟄】
(蟄虫、すなわち冬ごもりの虫がはい出る意)二十四節気の一つ。太陽の黄経が三四五度の時で、二月の節(せつ)。太陽暦の三月五日頃に当たる。驚蟄。〈[季]春〉

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

6日 合格

ごう・かく(ガフ・・)【合格】
(1)ある条件や格式に適合すること。「〜品」
(2)入学試験・採用試験・資格試験などに及第すること。「〜発表」
(3)転じて、一定の水準に達すること。「茶碗蒸しが作れれば〜だ」

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS