#author("2022-02-21T07:13:10+09:00","default:carp","carp")
#author("2022-02-22T07:30:15+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(2月)

** ●2月20日 [#b2862232]
** ●2月22日 [#sc85e1e9]
#br
:[[1999>グリーのあゆみ#w384a731]]|HIOSオペラ「椿姫」に出演(アステールプラザ大ホール)(〜21日)
:[[1990>グリーのあゆみ#e8befad6]]|広島県立商業高等学校にて訪問演奏
:[[2003>グリーのあゆみ#of5c2782]]|HIOSオペラ「カルメン」に出演(アステール大ホール)(〜2月23日)

** ●2月21日 [#w0134f31]
#br
:[[1998>グリーのあゆみ#vf6e85f3]]|HIOSオペラ「蝶々夫人」に出演(アステールプラザ大ホール)(〜22日)



** 二月 如月・衣更着 [#w9d795dc]
>
きさらぎ【如月・衣更着】~
(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦二月の異称。きぬさらぎ。<[季]春>。竹取「〜十日頃に」~ 
~ 
はん・の・き【榛の木】~
(ハリノキの音便)カバノキ科の落葉高木。山地の湿地に自生。また田畔に栽植して稲穂を干す。高さ約二〇メートルに達し、雌雄同株。二月頃、葉に先だって暗紫褐色の単性花をつけ、花後、松かさの小果実を結ぶ。材は薪・建築および器具用、樹皮と果実は染料。ハリ。ハギ。~ 
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 20日 貝寄せの風 [#e5182549]
** 22日 聖霊会 [#ca7eb5e4]
>
かい・よせ(カヒ)【貝寄せ】~
〜・の・かぜ【貝寄せの風】~
(貝を浜辺に吹き寄せる風の意)陰暦の二月二〇日頃に吹く西風。かいよせ。<[季]春>。「貝寄する風の手品や和歌の浦」(芭蕉)~
しょう・りょう(シヤウリヤウ)【精霊・聖霊】~
〜・え(エ)【聖霊会】~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
(1)聖徳太子の御忌の法会。もと旧暦二月二二日に太子ゆかりの寺で舞楽などをともない行われた。今は四天王寺は四月二二日、法隆寺は三月二二日、広隆寺は八月二二日。お聖霊(しようらい)。太子会。徒然草「二月涅槃会より〜までの中間を指南とす」~
(2)(「精霊会」と書く)盂蘭盆(うらぼん)に同じ。~
~


** 21日 緋寒桜 [#p524a915]
>
ひ・かんざくら【緋寒桜】~
サクラの一種。沖縄・台湾・中国南部に自生。沖縄など日本の暖地にも栽培。二月頃、葉に先立って濃紅色鐘形の花を下垂する。緋桜。タイワンザクラ。カンヒザクラ。~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~





#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS