#author("2022-02-17T07:04:34+09:00","default:carp","carp")
#author("2022-03-31T07:09:16+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(2月)
広大グリー今日の出来事(3月)


** ●2月17日 [#jffaffbc]
** ●3月31日 [#x3e26209]
#br
:[[1963>グリーのあゆみ#ifa6a103]]|<別府マラソン大会で寺沢徹選手が2時間15分15秒8の世界新記録を樹立>
:[[1967>グリーのあゆみ#keb58f3c]]|春季合宿(呉焼山)(〜4月4日)
:[[1970>グリーのあゆみ#v1b86478]]|<よど号乗っ取り事件>
:[[1972>グリーのあゆみ#df396268]]|春季合宿(呉・長浜・専徳寺)(〜4月3日)
:[[1977>グリーのあゆみ#bba178d8]]|春季後期合宿(品秀寺)(〜4月5日)
:[[1991>グリーのあゆみ#da7608c9]]|春後期合宿(三瓶青年の家)(〜4月6日)
:[[2001>グリーのあゆみ#k4541875]]|<ユニバーサル スタジオ ジャパン(USJ)が大阪市に開業>


** 二月 如月・衣更着 [#w9d795dc]

** 三月 弥生 [#oc684100]
>
きさらぎ【如月・衣更着】~
(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦二月の異称。きぬさらぎ。<[季]春>。竹取「〜十日頃に」~ 
~ 
はん・の・き【榛の木】~
(ハリノキの音便)カバノキ科の落葉高木。山地の湿地に自生。また田畔に栽植して稲穂を干す。高さ約二〇メートルに達し、雌雄同株。二月頃、葉に先だって暗紫褐色の単性花をつけ、花後、松かさの小果実を結ぶ。材は薪・建築および器具用、樹皮と果実は染料。ハリ。ハギ。~ 
弥生(ヤヨヒ)【弥生】~
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」~
~
つげ【黄楊・柘植】~
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 17日 め組の喧嘩 [#i8859af6]
** 31日 弥生尽 [#i4bcf72c]
>
め・ぐみ【め組】~
〜・の・けんか(・・クワ)【め組の喧嘩】~
(1)文化二年(一八〇五)二月一七日、江戸芝明神境内で四ツ車大八・九竜山波右衛門らの力士と、め組の町火消人足との間に起こり、負傷者九九人を出した喧嘩。~
(2)1の事件を講釈種から脚色した竹柴其水(きすい)作、一八九〇年(明治二三年)初演の歌舞伎「神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)」の通称。~
やよい(ヤヨヒ)【弥生】~
〜・じん【弥生尽】~
陰暦三月の終りの日。春の尽きる日。やよいのつごもり。三月尽(さんがつじん)。<[季]春>~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~





#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS