FrontPage

広大グリー今日の出来事(2月)

●2月11日

 
1990
<南アフリカでネルソン・マンデラ氏釈放される>
1995
広島県合唱連盟合唱講習会(安田リョウ記念講堂)

●2月12日

 
1994
<リレハンメル冬季五輪開幕(ノルディック複合団体で金メダル獲得)>

●2月13日

 
1989
<リクルート事件で江副副会長逮捕(6・2竹下首相退陣)>

二月 如月・衣更着

きさらぎ【如月・衣更着】
(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦二月の異称。きぬさらぎ。<[季]春>。竹取「〜十日頃に」~

はん・の・き【榛の木】
(ハリノキの音便)カバノキ科の落葉高木。山地の湿地に自生。また田畔に栽植して稲穂を干す。高さ約二〇メートルに達し、雌雄同株。二月頃、葉に先だって暗紫褐色の単性花をつけ、花後、松かさの小果実を結ぶ。材は薪・建築および器具用、樹皮と果実は染料。ハリ。ハギ。~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

11日 建国記念の日

けん・こく【建国】
〜・きねん・の・ひ【建国記念の日】
国民の祝日の一つ。二月一一日。 →紀元節

き・げん【起源】
〜・せつ【紀元節】
四大節の一つ。一八七二年(明治五)、神武天皇即位の日を設定して祝日としたもので、二月一一日。第二次大戦後廃止されたが、一九六六年、「建国記念の日」という名で復活し、翌年より実施。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

12日 初午

はつ・うま【初午】
二月の初の午の日。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日がこの日であったといい、全国で稲荷社を祭る。この日を蚕や牛馬の祭日とする風習もある<(季)春>。今昔二八「きさらぎの〜の日は」

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

13日 雪の果て

ゆき・の・はて【雪の果て】
その冬の最後に降る雪。近世には、二月一五日の涅槃会(ねはんえ)の前後とする。雪の名残。雪の別れ。忘れ雪。<(季)春>

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS