#author("2022-02-08T09:10:06+09:00","default:carp","carp")
#author("2022-02-09T06:56:41+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(2月)


** ●2月8日 [#dd152fea]
** ●2月9日 [#za412d9f]
#br
:[[1982>グリーのあゆみ#j2222e78]]|<ホテルニュージャパン火災>
:[[1984>グリーのあゆみ#v944154d]]|<サラエボ五輪開幕>
:[[2002>グリーのあゆみ#ic7814f6]]|<ソルトレイクシティオリンピックが開幕(〜22日)>
:[[1969>グリーのあゆみ#off98369]]|[[第9回定期演奏会 広島(広島市公会堂)>定期演奏会 演奏曲目#ff0d0ed6]]
:[[1982>グリーのあゆみ#j2222e78]]|<日航機墜落事件>
:[[1987>グリーのあゆみ#jdb6254e]]|<NTT株上場>
:[[2001>グリーのあゆみ#k4541875]]|<えひめ丸事件>




** 二月 如月・衣更着 [#w9d795dc]
>
きさらぎ【如月・衣更着】~
(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦二月の異称。きぬさらぎ。<[季]春>。竹取「〜十日頃に」~ 
~ 
はん・の・き【榛の木】~
(ハリノキの音便)カバノキ科の落葉高木。山地の湿地に自生。また田畔に栽植して稲穂を干す。高さ約二〇メートルに達し、雌雄同株。二月頃、葉に先だって暗紫褐色の単性花をつけ、花後、松かさの小果実を結ぶ。材は薪・建築および器具用、樹皮と果実は染料。ハリ。ハギ。~ 
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 8日 一つ目小僧 [#cf74577a]
** 9日 八皿 [#tc1ae47d]
>
ひと・つ【一・一つ】~
〜・め・こぞう【一つ目小僧】~
額(ひたい)に目が一つだけの怪物。関東・東北では、旧暦の二月八日と一二月八日に訪ねて来るといい、目の粗い籠を軒先に高く掲げてこれをおどす風習がある。ひとつまなぐ。目一つ小僧。 →大眼(だいまなこ)。~
や・さら【八皿】~
東北地方で、悪病除けのために、八個の食器に濁酒をついで神に供え、かつ飲む行事。日は一定しないが二月九日が最も多い。かさ八皿。~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~




#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS