#author("2021-11-15T06:56:00+09:00","default:carp","carp")
#author("2022-03-31T07:09:16+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(11月)
広大グリー今日の出来事(3月)

** ●11月15日 [#e7379c2f]
** ●3月31日 [#x3e26209]
#br
:[[1986>グリーのあゆみ#qebec668]]|<伊豆大島大噴火>
:[[1987>グリーのあゆみ#jdb6254e]]|広島学生合唱連盟 秋の合同ハイキング
:[[1997>グリーのあゆみ#k9eb9480]]|第43回中・四国国立大学連合演奏会(広島国際会議場フェニックスホール)
:[[1999>グリーのあゆみ#w384a731]]|<H2ロケット打ち上げ失敗>
:[[2005>グリーのあゆみ#g71ac3d5]]|<紀宮清子内親王と黒田慶樹氏が帝国ホテルで挙式>
:[[1967>グリーのあゆみ#keb58f3c]]|春季合宿(呉焼山)(〜4月4日)
:[[1970>グリーのあゆみ#v1b86478]]|<よど号乗っ取り事件>
:[[1972>グリーのあゆみ#df396268]]|春季合宿(呉・長浜・専徳寺)(〜4月3日)
:[[1977>グリーのあゆみ#bba178d8]]|春季後期合宿(品秀寺)(〜4月5日)
:[[1991>グリーのあゆみ#da7608c9]]|春後期合宿(三瓶青年の家)(〜4月6日)
:[[2001>グリーのあゆみ#k4541875]]|<ユニバーサル スタジオ ジャパン(USJ)が大阪市に開業>


** 一一月 霜月 [#l9da9e70]

** 三月 弥生 [#oc684100]
>
しも・つき【霜月】~
陰暦一一月の異称。霜降月。<[季]冬>~
弥生(ヤヨヒ)【弥生】~
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」~
~
さん・しゅゆ【山茱萸】~
ミズキ科の落葉小高木。朝鮮半島原産で、日本では庭木として植栽。高さ約三メートル。春早く、葉に先だって鮮黄色の小花を集めてつける。晩秋、紅色楕円形の果実を結び、漢方生薬の山茱萸として強壮薬。ハルコガネバナ。アキサンゴ。ヤマグミ。<[季]春>~
つげ【黄楊・柘植】~
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~



** 15日 七五三 [#o79a0a68]
** 31日 弥生尽 [#i4bcf72c]
>
しち・ご・さん【七五三】~
(1) 祝儀に用いる数。一・三・五・七・九の奇数をめでたいとして、その中の三つを取ったもの。~
(2) 七・五・三の数に基づいて献酬をなし、本膳、七菜、二の膳五菜、三の膳三菜を供えた、盛大な宴。折りたく柴(中)「朝夕の膳〜、昼の膳は五五三を供ず」~
(3) 男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳とに当たる年の一一月一五日に氏神に参詣する行事。七五三(しめ)の祝い。<[季]冬>~
(4) しめなわ~
やよい(ヤヨヒ)【弥生】~
〜・じん【弥生尽】~
陰暦三月の終りの日。春の尽きる日。やよいのつごもり。三月尽(さんがつじん)。<[季]春>~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~





#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS