FrontPage

広大グリー今日の出来事(2月)

●2月6日

 
1977
広島商業高校応援歌集レコーディング
1994
県連発声講習会(安田リョウ記念講堂)

●2月7日

 
1965
<北爆開始>
1969
第9回定期演奏会 呉(呉市民会館)
1992
<EC加盟国マーストリヒト条約に正式調印>
1993
県連発声講習会(安田リョウ記念講堂)
1998
<長野五輪開幕(スピードスケート清水宏保、ジャンプ原田、舟木らが活躍)>

二月 如月・衣更着

きさらぎ【如月・衣更着】
(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦二月の異称。きぬさらぎ。<[季]春>。竹取「〜十日頃に」~

はん・の・き【榛の木】
(ハリノキの音便)カバノキ科の落葉高木。山地の湿地に自生。また田畔に栽植して稲穂を干す。高さ約二〇メートルに達し、雌雄同株。二月頃、葉に先だって暗紫褐色の単性花をつけ、花後、松かさの小果実を結ぶ。材は薪・建築および器具用、樹皮と果実は染料。ハリ。ハギ。~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

6日 浅草海苔

あさくさ【浅草】
〜・のり【浅草海苔】
(1) (江戸時代、隅田川下流の浅草辺で養殖したからという)紅藻類ウシケノリ科の海藻。薄い笹の葉形で、緑に著しいしわがある。全長五〜三〇センチメートル、幅一〜一五センチメートル。生時は濃緑紫色、乾燥すると紫黒色。冬に採集、乾して食用。かつては東京湾内をはじめ、全国各地で養殖されたが、現在は絶滅危惧種。カキツモ。ムラサキノリ。<[季]春>。露伴、辻浄瑠璃「香料(やくみ)は京に珍しき〜紅葉おろし」
(2) 乾海苔(ほしのり)の称。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

7日 マーストリヒト条約

マーストリヒト【Maastricht】
オランダ南端、マース川沿岸にある都市。人口一二万二千(二〇〇三)。
〜・条約(デウ・・)【〜条約】
一九九一年マーストリヒトで開かれたEC(欧州共同体)首脳会議で合意され、九三年に発効したEU(欧州連合)の設立条約。 →欧州連合条約

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS