FrontPage

広大グリー今日の出来事(2月)

●2月3日

 
1972
<札幌オリンピック開会>

二月 如月・衣更着

きさらぎ【如月・衣更着】
(「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦二月の異称。きぬさらぎ。<[季]春>。竹取「〜十日頃に」~

はん・の・き【榛の木】
(ハリノキの音便)カバノキ科の落葉高木。山地の湿地に自生。また田畔に栽植して稲穂を干す。高さ約二〇メートルに達し、雌雄同株。二月頃、葉に先だって暗紫褐色の単性花をつけ、花後、松かさの小果実を結ぶ。材は薪・建築および器具用、樹皮と果実は染料。ハリ。ハギ。~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

3日 柊・疼木

ひいらぎ(ヒヒラギ)【柊・疼木】
(1) モクセイ科の常緑小高木。高さ約三メートル。葉は革質で光沢あり。緑には先が鋭いとげとなった顕著な切れ込みがある。秋、単性または両性の白色の小花を密生、佳香を発する。花冠は鐘型で四深裂。熟すと暗紫色の核果をつける。材は強く、細工物にする。節分の夜、この枝と鰯(いわし)の頭を門戸に挿すと悪鬼を払うという。「柊の花」は<[季]冬>。記(中)「〜の八尋矛(やひろほこ)」・・・

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS