#author("2022-01-30T09:27:45+09:00","default:carp","carp")
#author("2022-03-31T07:09:16+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(1月)
広大グリー今日の出来事(3月)

** ●1月29日 [#kc0033d1]
** ●3月31日 [#x3e26209]
#br
:[[1989>グリーのあゆみ#af5cb00b]]|[[第28回定期演奏会・広島公演(広島郵便貯金会館ホール)>定期演奏会 演奏曲目#a57dbf71]]
:[[1999>グリーのあゆみ#w384a731]]|<地域振興券配布始まる>
:[[1967>グリーのあゆみ#keb58f3c]]|春季合宿(呉焼山)(〜4月4日)
:[[1970>グリーのあゆみ#v1b86478]]|<よど号乗っ取り事件>
:[[1972>グリーのあゆみ#df396268]]|春季合宿(呉・長浜・専徳寺)(〜4月3日)
:[[1977>グリーのあゆみ#bba178d8]]|春季後期合宿(品秀寺)(〜4月5日)
:[[1991>グリーのあゆみ#da7608c9]]|春後期合宿(三瓶青年の家)(〜4月6日)
:[[2001>グリーのあゆみ#k4541875]]|<ユニバーサル スタジオ ジャパン(USJ)が大阪市に開業>

** ●1月30日 [#vb736339]
#br
:[[1971>グリーのあゆみ#lca1dafa]]|[[第10回定期演奏会(広島市公会堂)>定期演奏会 演奏曲目#g8aed92a]]
:[[1995>グリーのあゆみ#p1e903d8]]|<米スミソニアン博物館で原爆展中止>


**  一月 睦月 [#t360ba65]
** 三月 弥生 [#oc684100]
>
むつき【睦月】~ 
陰暦正月の異称。むつびづき。むつびのつき。<[季]春>。万(五)「〜たち春の来らば斯くしこそ梅を招(お)きつつ楽しき終へめ」~ 
~ 
おう・ばい(ワウ・・)【黄梅】~ 
~モクセイ科のオウバイ属(通称ジャスミン)の落葉小低木。中国原産の観賞植物。高さ〇・五〜二メートル。茎の若い部分は緑色で四角く、上部は垂れる。春、葉に先立って六弁黄色の梅に似た花を開く。迎春花。金梅。<[季]春>~
弥生(ヤヨヒ)【弥生】~
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」~
~
つげ【黄楊・柘植】~
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 29日 晦日節 [#tad5a15f]
** 31日 弥生尽 [#i4bcf72c]
>
みそ・か【三十日・晦日】~
〜ぜち【晦日節】~
(関東・中部地方で)正月晦日のこと。松の内に年始回りに行けなかった家へ、この日に行く。晦日宵(みそかよい)。晦日正月。蔦の正月。~
やよい(ヤヨヒ)【弥生】~
〜・じん【弥生尽】~
陰暦三月の終りの日。春の尽きる日。やよいのつごもり。三月尽(さんがつじん)。<[季]春>~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 30日 ガンディー [#a2fca925]
>
ガンディー【Mohandas Karamchand Gandhi】~
インドの民族運動指導者・思想家。インド独立の父とされる。イギリスに学び、弁護士を開業。初め南アフリカでインド人に対する人種差別政策の撤廃運動に従事。第一次大戦勃発後に帰国し、非暴力・不服従主義により自治拡大、独立の実現に努めた。また、不可触民制の除去、農村の復興に努力。イスラム教徒とヒンドゥー教徒の融和に腐心したが、インド独立後まもなく狂信的ヒンドゥー教徒に射殺された。マハートマー(大聖、偉大な魂)と称される。ガンジー。(一八六九〜一九四八)~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~



#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS