#author("2022-01-07T07:26:51+09:00","default:carp","carp")
#author("2022-03-31T07:09:16+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(1月)
広大グリー今日の出来事(3月)



** ●1月7日 [#w0f27f51]
** ●3月31日 [#x3e26209]
#br
:[[1962>グリーのあゆみ#n6e25090]]||新年会(源蔵)
:[[1973>グリーのあゆみ#ya8f4262]]|新年会(別館食堂)
:[[1989>グリーのあゆみ#af5cb00b]]|<昭和天皇崩御(元号は平成に)>
:[[1967>グリーのあゆみ#keb58f3c]]|春季合宿(呉焼山)(〜4月4日)
:[[1970>グリーのあゆみ#v1b86478]]|<よど号乗っ取り事件>
:[[1972>グリーのあゆみ#df396268]]|春季合宿(呉・長浜・専徳寺)(〜4月3日)
:[[1977>グリーのあゆみ#bba178d8]]|春季後期合宿(品秀寺)(〜4月5日)
:[[1991>グリーのあゆみ#da7608c9]]|春後期合宿(三瓶青年の家)(〜4月6日)
:[[2001>グリーのあゆみ#k4541875]]|<ユニバーサル スタジオ ジャパン(USJ)が大阪市に開業>



**  一月 睦月 [#t360ba65]
** 三月 弥生 [#oc684100]
>
むつき【睦月】~ 
陰暦正月の異称。むつびづき。むつびのつき。<[季]春>。万(五)「〜たち春の来らば斯くしこそ梅を招(お)きつつ楽しき終へめ」~ 
~ 
おう・ばい(ワウ・・)【黄梅】~ 
~モクセイ科のオウバイ属(通称ジャスミン)の落葉小低木。中国原産の観賞植物。高さ〇・五〜二メートル。茎の若い部分は緑色で四角く、上部は垂れる。春、葉に先立って六弁黄色の梅に似た花を開く。迎春花。金梅。<[季]春>~
弥生(ヤヨヒ)【弥生】~
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」~
~
つげ【黄楊・柘植】~
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 7日 七種粥 [#f3487420]
** 31日 弥生尽 [#i4bcf72c]
>
なな・くさ【七草・七種】~
〜・がゆ【七種粥】~
(七草粥とも書く)~
(1) 正月七日に、春の七草を入れて炊いた粥。後には薺(なずな)または油菜のみを用いた。菜粥。<[季]新年>~
(2) 正月一五日に、米・粟(あわ)・稗(ひえ)・黍(きび)・小豆など七種のものを入れて炊いた粥。後には小豆粥となった。~ 
やよい(ヤヨヒ)【弥生】~
〜・じん【弥生尽】~
陰暦三月の終りの日。春の尽きる日。やよいのつごもり。三月尽(さんがつじん)。<[季]春>~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~





#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS