FrontPage

広大グリー今日の出来事(12月)

●12月24日

1977
クリスマス会
1981
広島女子大学フラウエン・コールとのクリスマス会
1995
アルパーク天満屋・金座街コンサート
1996
金座街コンサート
1997
アルパーク、本通りでクリスマスコンサート
1998
アルパーク、本通りでクリスマスコンサート
1999
本通りでクリスマスコンサート
2001
本通りにてクリスマスコンサート
2002
本通りにてクリスマスコンサート
2003
本通りにてクリスマスコンサート

一二月 師走

しわす(シハス)【師走】
陰暦一二月の異称。また、太陽暦の一二月にもいう。極月(ごくげつ)。<[季]冬>

ま・ゆみ【壇・真弓】
(1) (主に弓を作る材料にしたからという)ニシキギ科の落葉小高木。初夏、淡緑色の小花を多数つける。角ばった果実は熟せば四裂して紅い種子を現す。材は器具用。ヤマニシキギ。カワクマツジラ。「壇の実」は<[季]秋>。万(七)「南淵(みなぶち)の細川山に立つ〜」
(2) 1で作った丸木の弓。記(中)「い伐らずそ来る梓弓・〜」
(3) 襲(かさね)の色目。山科流では、表は蘇芳(すおう)または赤、裏は黄。秋に用いる。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

24日 宿木・寄生木

やどり【宿り】
〜・ぎ【宿木・寄生木】
(1) 他の樹木に寄生した木。ほや。ほよ。<和妙抄(二〇)>
(2) ヤドリギ科の常緑低木。高さ一メートル内外。落葉広葉樹に寄生するので冬は目立つ。叉状の茎の上端に細長い濃緑の二葉をつける。雌雄異株。早春、淡黄色の小さい単性花を開き、花後、球形で緑黄色の果実を結ぶ。果肉は強くねばり、鳥によって他の枝に運ばれる。類似の種類が多く、ヨーロッパでは果実のついた枝をクリスマスの装飾に用いる。トビヅタ。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS