FrontPage

広大グリー今日の出来事(12月)

●12月19日

 
1964
メサイア演奏会(市公会堂)
1965
呉演奏会(呉市民会館)

●12月20日

 
1962
歌い納め会
1964
歌い納め会(平和記念会館)
1975
第15回定期演奏会(広島市公会堂)
1984
広島女子大フラウエンコールとのクリスマス会
1987
冬季強化練習(〜24日)
1992
第32回定期演奏会(アステールプラザ大ホール)
1998
第38回定期演奏会(西区民文化センター)
2003
第43回定期演奏会(南区民文化センター)

●12月21日

 
1967
歌い納め会(大学会館・フラウエン招待)
1974
第14回定期演奏会福山演奏会(福山市民会館)
1981
冬季強化練習(第2練習室)(〜23日)
1982
冬期合宿(江田島青年の家)(〜23日)
1984
強化練習(〜25日)
1985
冬前期強化練習(〜25日)
1986
冬前期強化練習(〜25日)
1988
冬前期強化練習(〜25日)
1992
<地価全国平均で初の下落>

一二月 師走

しわす(シハス)【師走】
陰暦一二月の異称。また、太陽暦の一二月にもいう。極月(ごくげつ)。<[季]冬>

ま・ゆみ【壇・真弓】
(1) (主に弓を作る材料にしたからという)ニシキギ科の落葉小高木。初夏、淡緑色の小花を多数つける。角ばった果実は熟せば四裂して紅い種子を現す。材は器具用。ヤマニシキギ。カワクマツジラ。「壇の実」は<[季]秋>。万(七)「南淵(みなぶち)の細川山に立つ〜」
(2) 1で作った丸木の弓。記(中)「い伐らずそ来る梓弓・〜」
(3) 襲(かさね)の色目。山科流では、表は蘇芳(すおう)または赤、裏は黄。秋に用いる。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

19日 ポインセチア

ポインセチア【Poinsetia(ラテン)】
トウダイグサ科の観賞用低木。メキシコ原産。高さは三〇センチメートル〜三メートル。葉は卵状楕円形で浅裂。枝の上部には葉より幅が狭く美しい色の苞(ほう)が車状につき、クリスマスの頃よく出まわる。苞の色は赤のほか桃・白など品種が多い。壺状花序は苞の基部につく。鉢花として栽培。沖縄では屋外で半自生。猩猩木(しょうじょうぼく)。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

20日 年の市・歳市

とし・の・いち【年の市・歳市】
新年の飾り物その他の必要品を売る市。一二月半ばから月末にかけて立つ。<[季]冬>。続虚栗「〜線香に出でばやな」(芭蕉)

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

21日 冬至南瓜

とう・じ【冬至】
〜・カボチャ【冬至南瓜】
カボチャを保存しておいて冬至の日に食べる風習。<[季]冬>

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS