FrontPage

広大グリー今日の出来事(12月)

●12月16日

 
1967
第7回定期演奏会(市公会堂)
1993
<田中角栄元首相死去>
1997
<ポケモンテレビ放送で入院騒ぎ>
2006
第46回定期演奏会(西区民文化センター)

一二月 師走

しわす(シハス)【師走】
陰暦一二月の異称。また、太陽暦の一二月にもいう。極月(ごくげつ)。<[季]冬>

ま・ゆみ【壇・真弓】
(1) (主に弓を作る材料にしたからという)ニシキギ科の落葉小高木。初夏、淡緑色の小花を多数つける。角ばった果実は熟せば四裂して紅い種子を現す。材は器具用。ヤマニシキギ。カワクマツジラ。「壇の実」は<[季]秋>。万(七)「南淵(みなぶち)の細川山に立つ〜」
(2) 1で作った丸木の弓。記(中)「い伐らずそ来る梓弓・〜」
(3) 襲(かさね)の色目。山科流では、表は蘇芳(すおう)または赤、裏は黄。秋に用いる。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

16日 紙

かみ【紙】
(1) 主に植物性の繊維を材料として、アルカリ液を加えて煮沸し、さらにつき砕いて軟塊とし、樹脂または糊などを加えて漉(す)いて製した薄片。書画・印刷・包装などに使う。後漢の蔡倫(さいりん)の発明といわれてきたが、前漢期遺跡から古紙が出土し、前漢初期の開発。もと麻布の襤褸(ぼろ)を原料としたが、和紙は楮(こうぞ)・三椏(みつまた)・雁皮などを、洋紙はパルプ・襤褸・藁などを原料とする。ジス(JIS)には寸法についての規格があり、「A5」「B6」などという。推古紀「〜墨を作り」
(2) (じゃんけんで)手のひら。ぱあ。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS