#author("2021-12-06T07:28:24+09:00","default:carp","carp")
#author("2021-12-07T07:05:10+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(12月)


** ●12月6日 [#a6922adf]
** ●12月7日 [#z2f91f69]
#br
:[[1965>グリーのあゆみ#x910a7cc]]|広島の牧師さん慰労会の席で演奏
:[[1981>グリーのあゆみ#s256751d]]|体育会主催フェニックス駅伝閉会式で演奏(広大教育学部111号教室)
:[[1982>グリーのあゆみ#j2222e78]]|広島基督教信徒会愛餐会にて招待演奏(広島グランドホテル)
:[[1961>グリーのあゆみ#nb7a0bfa]]|メサイア参加
:[[1963>グリーのあゆみ#ifa6a103]]|[[第3回定期演奏会(市公会堂)>定期演奏会 演奏曲目#gd08d646]]



** 一二月 師走 [#f024c04c]
>
しわす(シハス)【師走】~
陰暦一二月の異称。また、太陽暦の一二月にもいう。極月(ごくげつ)。<[季]冬>~
~
ま・ゆみ【壇・真弓】~
(1) (主に弓を作る材料にしたからという)ニシキギ科の落葉小高木。初夏、淡緑色の小花を多数つける。角ばった果実は熟せば四裂して紅い種子を現す。材は器具用。ヤマニシキギ。カワクマツジラ。「壇の実」は<[季]秋>。万(七)「南淵(みなぶち)の細川山に立つ〜」~
(2) 1で作った丸木の弓。記(中)「い伐らずそ来る梓弓・〜」~
(3) 襲(かさね)の色目。山科流では、表は蘇芳(すおう)または赤、裏は黄。秋に用いる。~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~


** 6日 蓄音機・蓄音器 [#r99262b2]
** 7日 大雪 [#i928c1b2]
>
ちくおん・き【蓄音機・蓄音器】~
(phonograph)~
音波を記録したレコード盤から音を再生させる装置。レコード盤上には、音に対応する横ぶれを有する溝を刻み、溝に当たる針の振動を機械的に増幅して振動番に伝え音とする。一八七七年エジソンが発明。のち、針の振動を電気信号に変換し増幅する方式となる。紅葉、三人妻「聞かせたき人あり、こゝに〜の無きこそ恨なれ」。漱石、野分「無駄口を叩く学者や、〜の代理をする教師が」~
たい・せつ【大雪】~
(1) はげしく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。~
(2) 二十四節気の一つ。太陽の黄経が二五五度の時で、一一月の節(せつ)。太陽暦の一二月七日頃に当たる。<[季]冬>。 →小雪~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~




#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS