#author("2021-12-02T08:04:11+09:00","default:carp","carp")
#author("2021-12-03T07:41:58+09:00","default:carp","carp")
[[FrontPage]]

広大グリー今日の出来事(12月)

** ●12月2日 [#g9b92b3b]
** ●12月3日 [#ee5f5505]
#br
:[[1980>グリーのあゆみ#w35d350d]]|広島牧師会愛餐会に招待演奏(広島グランドホテル)
:[[1987>グリーのあゆみ#jdb6254e]]|広島文化女子短期大学音楽科第12回定期演奏会 賛助出演(広島郵便貯金会館ホール)
:[[1990>グリーのあゆみ#e8befad6]]|村上さくら子姉 記念式に出席(日本基督教団広島教会)
:[[1979>グリーのあゆみ#l9d267fb]]|牧師会愛餐会招待演奏(広島グランドホテル)
:[[1983>グリーのあゆみ#haa12134]]|中四国音楽美術連盟合同演奏会参加(公会堂)
:[[1988>グリーのあゆみ#v08aec7c]]|中四国音楽美術連合演奏会(安佐南区民文化センターホール)


** 一二月 師走 [#f024c04c]
>
しわす(シハス)【師走】~
陰暦一二月の異称。また、太陽暦の一二月にもいう。極月(ごくげつ)。<[季]冬>~
~
ま・ゆみ【壇・真弓】~
(1) (主に弓を作る材料にしたからという)ニシキギ科の落葉小高木。初夏、淡緑色の小花を多数つける。角ばった果実は熟せば四裂して紅い種子を現す。材は器具用。ヤマニシキギ。カワクマツジラ。「壇の実」は<[季]秋>。万(七)「南淵(みなぶち)の細川山に立つ〜」~
(2) 1で作った丸木の弓。記(中)「い伐らずそ来る梓弓・〜」~
(3) 襲(かさね)の色目。山科流では、表は蘇芳(すおう)または赤、裏は黄。秋に用いる。~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~

** 2日 山茶花 [#c4021e0c]

** 3日 奇術 [#i93ebdb3]
>
さざん・か【山茶花】~
(字音サンサクヮの転)ツバキ科の常緑小高木。四国・九州から南西諸島の暖地に自生。高さ約三メートル。葉は厚い。秋から冬にかけて白花を開く。八重咲・一重咲、淡紅・濃紅など園芸品種が多く、庭園・生垣などに植栽。種子は大きく、油を採る。材は細工物にする。ヒメツバキ。漢名、茶梅。<[季]冬>~
き・じゅつ【奇術】~
(1) 不思議な技術。~
(2) 手品(てじな)。「〜を披露する。」~
~
出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)~
~



#ref(ILM07_AA23010.jpg,nolink,修学旅行)

#br
#br
------------------------------
[ [[FrontPage]] | [[目次]] ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS