FrontPage

広大グリー今日の出来事(3月)

●3月26日

 
1977
第14回卒部式(大学会館別館食堂)
1992
東広島児童合唱団 第11回定期演奏会賛助出演(県民文化センター)

三月 弥生

弥生(ヤヨヒ)【弥生】
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」

つげ【黄楊・柘植】
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

26日 麻蒔く

あさ【麻】
〜蒔(ま)く 三〜四月頃、麻の種を蒔く。<[季]春>

あさ【麻】(1)・・・(イ)アサ科の一年草。中央アジア原産とされる繊維作物。茎は四角く高さ一〜三メートル。雌雄異株。夏、葉腋に単性花を生じ、花後、痩果(おのみ)を結ぶ。夏秋の間に茎を狩り、皮から繊維を採る。・・・紅花・藍とともに三草と呼ばれ、古くから全国に栽培された。ハシシュ・マリファナの原料。大麻。タイマソウ。あさお。お。<[季]夏>。万(九)「小垣内(おかきつ)の〜を引き干し」

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS