FrontPage

広大グリー今日の出来事(3月)

●3月21日

 
1991
東広島児童合唱団 第10回定期演奏会賛助出演(東広島市中央公民館大ホール)
1994
学連発声講習会(東区民文化センター)
2006
<第1回ワールド ベースボール クラシックで、王貞治監督率いる日本が優勝>

三月 弥生

弥生(ヤヨヒ)【弥生】
(イヤオヒの転)陰暦三月の異称〈[季]春〉。古今(恋)「〜のついたちより、しのびに人にものら言ひてのちに」

つげ【黄楊・柘植】
ツゲ科の常緑小高木。高さ約三メートル、暖地に自生し庭樹や生垣とする。伊豆七島が産地として有名。樹皮は灰白色または淡褐色。葉は革質で対生。雌雄同株。三月頃、淡黄色の単性は花を群生。花後、豆粒大の果実を結ぶ。生育がおそく、材はきわめて緻密、黄褐色で、印材・板木(はんぎ)とし、また櫛や将棋の駒などを作る。別科のイヌツゲに対し、ホンツゲともいう。「黄楊の花」は〈[季]春〉 。万(一三)「〜の小櫛を抑へ挿す」

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

21日 山開き

やま・びらき【山開き】
(1)山をきりひらいて新たに路を設けること。
(2)禁を解いて、その年に初めて登山を許すこと。<[季]夏>。「富士の〜」
(3)江戸時代、毎年陰暦三月二一日から二八日(一説に四月一五日)まで江戸深川の富岡八幡宮別当永代寺の山門を開いて、庭の見物を許したこと。特にその初日の称。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS