FrontPage > 目次 > バーバーショップ・プロジェクト

バーバーショップ・プロジェクト

広島大学グリークラブ復活を目指し、 「大学キャンパスで何か活動をしよう。」をテーマに、
下記のとおり実施しております。

第1回練習−学士会館レセプションホールにて
練習日時
2月19日(日)10:00〜
場所
細川氏実家(広島市中区吉島)
練習曲
バーバーショップ
     練習中の曲については以下のboxWikiのページを参照してください。
参考ページ(メンバー限定)
その他
バーバーショップに限らず、「雪と花火」等、広島、関西、関東各地区で練習中の曲も予定しています。

現在、参加者は、佐川、細川、岸本、栗栖、大門です。(1月15日現在)
メンバー固定のコーラスグループではありません。従って、まだまだ参加者を募集しております。

広大グリー関係者で参加希望の方は下記メールフォームにてお知らせください。
 →広島大学グリークラブ宛メールフォーム

練習会場へのアクセス

学士会館へのアクセス

注:連絡先は個人(大門氏)のものであるため省略しています。
  お知りになりたい方はメーリングリストか上記メールフォームまでお問い合わせください。

練習曲について(参考)

現在(2011年7月)練習中のバーバー・ショップ曲は「The New Mexichords 愛唱曲集」(メロス出版)を使用しています。
メキシコのグループが歌っているのかと最初思いましたが、You_Tubeで検索するとUSAのニューメキシコ州の
おじさん(おじいさん?)たちが歌っているグループで、懐かしのメロディーがレパートリーのようです。

この曲集もそんな懐かしい有名な曲ばかりで、内容は

1.When you and I were young. Maggie
2.Georgia on my mind
3.Shenandoah
4.Mexcali Rose
5.stars fell on Alabama
6.In my room

となっています。

曲が流行っていた頃の雰囲気が、楽譜だけでは分かりにくいので、Youtubeで動画をさがしてみました。

1.When you and I were young. Maggie

2.Georgia on my mind

3.Shenandoah

4.Mexcali Rose

5.stars fell on Alabama

6.In my room

 

ところで、「4.Mexicali Rose」の1番は英語ですが、2番はメキシコで話されているスペイン語のようで、
リードテナーがソロで歌うことになっています。(他のパートは「loo〜」。)
ネットで検索してみたところ、歌詞と解説が英語版ウィキペディアの下記ページに掲載されていました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Mexicali_Rose

曲の生い立ちやアーチスト等はこのページで調べられます。

問題は発音です。
最近グーグルの翻訳ページで意味だけでなく、発音も調べられるサービスが開始されたので、これを
利用してみました。

http://translate.google.co.jp/
ウィキペディアの歌詞を一行ずつコピー&ペーストして調べてみました。

おおむねローマ字読みですが、"llores"は「ヨーレス」、"que"は「ケ」、"noche"は「ノーチェ」
"Seca"は「セカ」、"hermosos"は「エルモソス」、"ojos"は「オホス」、"Deja"は「デハ」、
"llorar"は「ヨラル」、"vez"は「ベス」、といったスペイン語独特な発音がわかりました。

以上、次回以降練習に参加される方は、参考にしてみてください。

(クリノキッコロ)


 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS