FrontPage > 目次 > 2008年合唱フェスティバル講評

2008年合唱フェスティバル講評

【日 時】 平成20年10月19日(日)
【会 場】 呉市文化ホール
【登録団体名】 広島大学グリークラブ&広島大学グリークラブOB合唱団コール・スローンチェ
【演奏曲】
  男声合唱組曲「富士山」から
  「IV 作品第拾捌(嗚呼 まるで紅色の狼火のように)」
  「V 作品第貳拾壹(平野すれすれ 雨雲屏風おもたくとざし)」
【指 揮】 難波憲二先輩(第2回卒部)


 次の通り荒木氏からメールで紹介がありましたので転載します。(ク)


2008年10月24日 23:14


清原浩斗(合唱指揮者 全日本合唱連盟関西副支部長・大阪府合唱連盟理事長)
私も「富士山」大好きです。
広島で立派な富士山をきかせていただいて良かったです。感動的でした。
ビシッとネクタイとスーツ姿できまり、うたと共に圧巻でした。
出だしのBassパートからはじまり、TenはTらしく、
重厚な男声のひびきが見事でした。テンポのかわり目もうまいですね。
現役の皆さんなんとしてもがんばって新入部員を入れて下さい。
次回はたくさんの大学生も見たいです。
ステキな男声合唱をありがとうございました。


寺内大輔(作曲家)
よくまとまった美しい歌声でした。
各パートのキャラクターも明確で声色のコントロールもうまかったと思います。
言葉もよく通っています。
あえて難を言えば、跳躍したときの音程が時々不安定だったことです。
また、個人的には、もっとメリハリが大胆でも良いと思います。
まとまった合唱であると同時にやや「おとなしさ」も感じたからです。
迫力を出す場面では、もっとパンチを効かせた声でガツンといっても
良いのではないでしょうか。


木原朋子(声楽家 エリザベト音楽大学准教授)
男声コーラス誕生!とても嬉しいです。おめでとうございます。
ご活躍を期待しております。
OB合唱団らしくお一人お一人自信あふれる演奏で安心して聞かせて頂きました。
力あふれる演奏の中にやさしさも伝わってくる音色で本当に久々に
男声コーラスの素晴らしさを味わうことができました。
最後Ten.が少々頑張りすぎた声が聞こえてきたのが残念でしたが、
次の演奏会を楽しみにしております。

 
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-25 (土) 09:30:07 (4355d)