FrontPage > 目次 > 第48回定期演奏会ハイライト

第48回定期演奏会ハイライト

第48回定期演奏会記念撮影

【日 時】2008年12月14日(日) 14:00〜15:45
【会 場】広島市南区民文化センター 大ホール
【出演者等】

顧問
松田 治男(特)
指揮者
益田 遙(特)、難波 憲二(2)、松尾 寿人(22)
ピアノ伴奏
渡部 優子(27)
トップ
藤川 文義(1)、山口 健三(2)、丑尾 靖(4)、小野 興太郎(5)、西田 賢治(8)、佐川 述史(15)、金山 豊比古(19)、辻 幸二郎(22)、重村 信行(23)、背戸 辰之(24)、八田 満隆(25)、高本 宗男(25)、大門 直清(30)、高橋 彰(31)、市位 嘉崇(38)
セカンド
大内 剛(4)、竹本 輝男(6)、山野上 路夫(6)、山下 雅(14)、増山 和弘(19)、栗栖 亮(21)、嘉村 慎二郎(25)、中高下 哲(25)、森下 治(26)、北川 雅和(28)、柴原 啓司(29)、中尾 純(31)、木村 正朋(41)、園尾 将人(45)
バリトン
福島 芳輝(6)、佐々木 清廣(8)、塩出 興二(8)、林 斎(16)、谷口 敏久(20)、磨 直樹(21)、荒木 清希(27)、兼為 剛(28)、岸本 圭介(31)、黒木 智文(34)、村上 大賀(現4)、柴崎 陽太郎(現4)
ベース
久保 紘一(3)、藤山 健治(5)、岸 運宥(7)、高橋 信(8)、小原 俊一(11)、西元 千哲(13)、梅田 修治(17)、細川 洋(19)、小林 清(19)、松尾 寿人(22)、玉川 崇(24)、岩尾 周平(26)、山本 正文(26)、西村 昭男(27)、三宅 幸司(33)
ステマネ
森島 浩一(21)

【演奏曲目】

第1ステージ:男声合唱組曲「富士山」(草野心平作詩/多田武彦作曲)
指揮:難波憲二(グリークラブOB )
I.作品第壹(麓には桃や桜や杏さき)、 II.作品第肆(川面に春の光はまぶしく溢れ)、 III.作品第拾陸(牛久のはてのはるかのはての)、 IV.作品第拾捌(嗚呼まるで紅色の狼火のように)、 V.作品第貳拾壹(平野すれすれ雨雲屏風おもたくとざし)
第2ステージ:愛唱歌
指揮: 松尾寿人(グリークラブOB)
希望の島、斎太郎節、いざ起て戦人よ、Ride the Chariot、 Freie Kunst(自由の歌)、Shenandoah
第3ステージ:男声合唱とピアノのための「枯木と太陽の歌」(中田浩一郎作詩/石井 歓 作曲)
指揮:益田 遙(客演)、ピアノ伴奏:渡部優子(グリークラブOG)
 I.枯木は独りで唱う、  II.花と太陽の会話、  III.冬の夜の木枯しの合唱、  IV.枯木は太陽に祈る
 

リハーサル

リハーサル1

リハーサルです。現役生と地元広島、関東、関西、その他地区のOBがやっと一堂に会しました。


リハーサル2

益田先生による「枯れ木と太陽の歌」もいよいよ最後の合わせ。6パートに分かれる難曲をうまく演奏できるでしょうか。


リハーサル3

重村君(23回卒)緊張のソロ。「上手い!」「いける!」益田先生の厳しいオーディションを突破して選ばれました。


記念撮影

記念撮影

リハーサルも終わり、みんなで記念撮影。パシャッ!


オープニング(学歌演奏)

オープニング(学歌演奏)

多くのメンバーにとっては懐かしの大学歌。さすがに暗譜です。


第1ステージ(「富士山」)

第1ステージその1

いよいよ、本演奏。最初は多田武彦作曲「富士山」。現役生+準現役生の白いブレザーが目立ちます。


第1ステージその2

トップテナー中心に撮影。男声合唱の花形です。


第1ステージその3

セカンドテナーとバリトン。ハンバーガーに例えるとビーフパテとチーズです。


第1ステージその4

ベース中心。ハンバーガーに例えるとバンズでしょうか。(例える必要はないかもしれませんが。)


第2ステージ(「愛唱歌ステージ」)

第2ステージその1

雰囲気をガラっと変えて、赤ネクタイに白シャツ、赤い楽譜カバーの赤白ステージです。


第2ステージその2

演奏の合間に曲の解説をする松尾指揮者(22回卒)。どこで調達したのか、真っ赤なシャツ、期待の若手指揮者です。


第2ステージその3

アメリカ民謡"Shenadoah"(シェナンドー)。荒木君(27回卒)のソロです。


第2ステージその4

やはりアメリカの黒人霊歌"Ride the Chariot"(ライド ザ チャリオット)。兼為君(28回卒)のバリトン・ソロです。


第2ステージその5

"Ride the Chariot"にはもうひとつソロがあります。市位君(38回卒)がテナー・ソロを歌いました。


第2ステージその6

山形県民謡"斎太郎節"(さいたらぶし)のソロ。竹本さん(6回卒)が歌いました。


第2ステージその6

(南区民センターホールの構造上、緞帳は下ろせなかったけど)幕間です。
山野上定演プロジェクトリーダー(6回卒)から、広大グリーの現状と今回の演奏会の趣旨の説明がありました。

第3ステージ(「枯れ木と太陽の歌」)

第3ステージその1

いよいよフィナーレ。名曲そして難曲「枯木と太陽の歌」です。雰囲気に合わせて黒スーツに蝶ネクタイです。
現役生村上君(4年生)と院生OB園尾君(45回卒)はもちろん白ブレザー。

益田先生挨拶

指揮者、ピアニストの登場。皆緊張しています。「枯木と太陽の歌」、42年前も指揮は同じく益田先生でした。


西村君を中心にベース。

西村君(27回卒)を中心にベース。なぜか存在感のある西村君(真中下)。神戸から何度も練習に駆けつけてくれました。


福島さんを中心にバリトン。

福島さん(6回卒)を中心にバリトン。福島さんは東京から参加。西村君同様に今年のイベントに積極的に参加してくれました。


柴原君を中心にセカンド。

柴原君(29回卒)を中心にセカンド。大阪から参加の柴原君は関西地区の練習指揮者を務めてくれました。
白い蝶ネクタイが印象的。

テナーソロ。

重村君(23回卒)によるテナーソロ。トップテナーでもなかなか出来ない究極のテナーソロを見事、務めました。


アンコール

アンコールと4年生。

アンコール。村上君(下左)、柴崎君(下右)4年生2人にとって現役生最後の演奏です。


村上部長挨拶。

多忙な4年生になっても、最後までグリークラブの活動を続けた村上部長。感動のスピーチです。


園尾前部長

院生として大学に残り、4年生達を笑顔で支え続けた前部長の園尾君(45回卒。真中)、お疲れ様。来年もよろしく。


難波指揮者とみんな

そして忘れてはならないのが、難波先輩(2回卒)。先輩として、大学の先生として、そして指揮者として、
広島大学グリークラブを40年以上も支えてくれました。

ストーム

ストームとバナー。

ストームがはじまりました。昔は外で歌っていましたね。


細川さん

「しあわせじゃのう。」かつて100人近い部員を束ねた元組長、ではなくて元部長の細川さん(19回卒)の名セリフは
健在でした。

レセプション

ピアニストへ感謝

ピアノ伴奏してくれたOG渡部さん(27回卒)に感謝の花束。グリーは男性ばかりとは限りません。


卒部表彰

4年生の卒部式も。実は去年卒部の園尾前部長は卒部式をしていませんでした。併せて顧問の松田先生から表彰。


関西OB合唱団

急遽結成された関西OB合唱団。雰囲気は盛り上がりました。


会場全体

次々と繰り広げられる演奏に釘づけのOB他参加者。また来年も集まれるといいですね。


兼為君ほか

「もちろん、来年もやるぜ。イエィ!」いつも、これからも元気な兼為君でした。







 

[ FrontPage | 目次 ]


添付ファイル: fileDSC_0257_800.jpg 230件 [詳細] fileDSC_0296_800.jpg 231件 [詳細] fileDSC_0028_800.jpg 239件 [詳細] fileDSC_0028_640.jpg 228件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-25 (金) 08:32:00 (1787d)