浄土寺合宿報告(2010)

以下、メールからの引用です。(栗栖)


Subject: 浄土寺合宿報告
Date: 2010/10/12 16:04

皆様

25回卒 八田です。
浄土寺合宿に参加された皆様、お疲れさまでした。
26回卒の山本さんから写真が届きましたので添付します。

日時
2010年10月9日 14:00〜 10月10日 10:00

参加者
 Top  辻(22)、八田(25)、高原(42)
 Sec  栗栖(21)、柴原(29)、平田(34)
 Bar  磨(21)
 Bass  西元(13)、宇都宮(18)、山本(26)、岩尾(26)、西村(27)
 Piano 藤本(高原)
      高原さんの息子さん

報告
関西組は、10/9 午前7:30に阪急蛍池駅に集合し、一路浄土寺へ出発致しました。
途中、お子さんの運動会が、雨で延期になったため、最初から参加出来るようになった西村さんと合流し、
宇都宮さん、辻さん、山本さん、西村さん、柴原さん、八田の6名で、車2台に分乗し、雨の中国自動車道をはしりました。

予定通り、14時前に浄土寺に着くと、浄土寺の皆さんと既に到着していた広島組(西元さん、栗栖さん、磨さん、岩尾さん)に
迎えられ、お寺のおお奥さんにお寺の中を案内して頂き、
ここでパー練したなとか、皆がはまった池はこの池だったのかとか、寝たのは、この場所だったかななどと
かすかな記憶と照らし合わせながら、説明を受けておりました。
また、昔はなかった天然記念物のオオサンショウウオの巣箱や交流館のことやおお奥さんが叙勲を受けられたことなどをお聞きし、
浄土寺が、地域のまちづくりやひとづくりに貢献されていることにあらためて驚かされました。

説明の途中で、益田市から平田さんが来られ、そろそろ練習をしようということで、
本堂に入り、まず学歌を奉納(?)し、柴原指揮者のもと体操から始まり、発声練習をして、
歌の練習に入りました。
黒人霊歌の練習では、お寺で黒人霊歌?と心の中で妙な違和感がありましたが、学生時代はそんなこと思わずに、
唱っていたんだろうなと変に納得しながら練習しておりました。
練習の途中で、高原さん一家も到着し、ピアノ伴奏つきで、月下の一群の練習をしました。
そのあと、夕べのおつとめをし、ピエロをもう少し練習をした後、夕食の時間となりました。

夕食では、軽く飲むつもりが、予想通り、そのまま宴会に突入。
缶ビール1ケース、黒霧島1升、白牡丹1升軽く空いてしまいました。
当然のことながら、愛唱歌の連発。
(中には卒部の歌の楽譜を西元さんが、持ってきて頂き、階名読みで練習しましたが、なかなかうまく行きませんでした。
皆さんまだ、卒部が出来ないようです。何時の世代までこれがあったのでしょうか?)
浄土寺の皆様には、遅くまでご迷惑をお掛けしたと思います。
お詫び申し上げます。

隣の旧小学校の講堂?では、神楽をしており、村の人は、MY座布団をもって多数観覧にきておられました。
子どもやその親、またその親と3代にわたって披露されるそうです。
神楽も非常に素晴らしく、偶然とはいえ、いいものを見せて頂きました。(写真の04)

酔いを覚ましつつ、ウダウダと皆さんと談笑し、風呂に入り、神楽の笛や太鼓の音を聞きながら床につきました。
(平田さんとは、初対面でしたが、お風呂で半身浴をしながらついつい長話をしてしまいました。平田さんごめんなさい)
2日目の朝は、非常にさわやかないい天気でしたが、やはり冷え込み寒かったです。
朝食を済まし、昔パート練習をした神社やお寺のまわりを散策しましたが、
どこがそのままで、どこが変わったのかもわかりませんでした。
しかし、のどかないい空気は、変わりませんでした。
片づけも済まし、出発時間も来たので、見送って頂いたお寺のおお奥さんとお孫さんに”いざ立て”を唱い、広島の練習に向かいました。

2日間のことを長々と書いてしまい申し訳ありませんでした。
私自身、記憶も曖昧で、タイムスリップという感じはなかったですが、
本当に贅沢な時間を過ごせたと思います。また、こういう機会が作れると良いと思います。
皆さん本当に有り難うございました。

感謝、感謝です。合掌。(合唱)

P.S.
合宿は、益田先生のピエロをもって完結ですが、浄土寺までのことでお許しください。
補足、写真等よろしくお願い致します。



合宿風景

合宿風景1


合宿風景2


合宿風景3


合宿風景4





Subject: RE: 浄土寺合宿報告
Date: 2010/10/12 21:56

八田さん、皆様

29回卒柴原です。
浄土寺合宿、本当に楽しかったです。
車を出して運転して下さった、八田さん、西村さん、どうもありがとうございまし た。
とりわけ、八田さんには、浄土寺との交渉、当日までの案内、合宿報告など、いろい
ろとご尽力いただき、本当に頭の下がる思いです。
心よりお礼申し上げます。

現役時代の浄土寺といえば、学年会、役員会、技術委員会と気の休まる余裕がなく、
正直言って細部をよく覚えていなかったのですが、今回改めて、浄土寺という深い懐
の中で、グリーメンが遊ばせて頂いていたということを痛感しました。
その浄土寺の懐の深さは、おお奥様である朝枝喜代香さんの観音様のようなお人柄に
象徴されていると思いました。

八田さんからのご報告にもあった通り、今の浄土寺は、世界で初めてオオサンショウ
ウオの孵化に成功しイギリスBBCの取材を受けるなど、外国人観光客がおとずれる
稀有な山村です。その大自然の中で育まれた地域の子どもたちは、浄土寺やオオサン
ショウウオの存在によって「いのち」の輝きを知り、神楽の伝承を通じて「地域の
絆」を大切にする心を持っています。

浄土寺のおお奥様は、そんな地域文化の維持、向上に多大な貢献をされていると思い
ました。
だからこそ、地域の子どもたちに向ける愛情と全く同じ慈愛をグリーに対しても注い
でくださっているのだと思います。

浄土寺さんには満足のいく恩返しができませんでしたが、まずは両親への恩返しと思
い、11日は日帰りで兵庫の山奥の実家に帰ってきました。
そういう意味で、今回の浄土寺合宿は、自分が自分だけの力で生きているのではな
く、いろいろな人の「おかげ様」で生かされているのだということを改めて実感する
合宿となりました(合掌)。

10日の練習は、益田遥先生の練習に出れずに残念でしたが、高原さんや皆様のご報告
をお願いしたいと思います。

来週も練習ですが、定演まで残された時間、楽しんでまいりましょう!

柴原


関西OBのホームページ


添付ファイル: filejodoji_04.jpg 85件 [詳細] filejodoji_03.jpg 83件 [詳細] filejodoji_02.jpg 80件 [詳細] filejodoji_01.jpg 93件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-15 (金) 06:52:25 (3349d)