FrontPage > 目次 > 次回定演の曲目について【寄稿】

次回定演の曲目について【寄稿】

現在作曲活動をしている第37回卒部の阿戸(あど)氏からメールによる寄稿がありましたので、以下掲載します。なお、体裁を整えるため、記述を一部変更しています。(クリノキッコロ)

 

 先日届いたOB会だよりを拝読いたしました。私の年には大学1年の時に私以外の人間が退部し、運営的にも人数的にもたいへんなことになり、部の消滅も覚悟しておりました。今回の件を知って「今までよくやってこられた」と後輩たちの努力に感動したものです。
 私の会の卒部式で作曲をやっていくことを公表しましたが、今も細々と続けています。  自分の仕事の関係上、入学式で歌ったり、定期演奏会への参加はちょっと難しいです。そのかわり、曲目に関する情報を自分の範囲内で提供することはできます。

 たとえば、合唱組曲「富士山」については、深沢眞二『なまずの孫 1ぴきめ』(メロス音楽出版)に詳しく書かれています(ご存じかもしれませんが、メロス音楽出版=メロス楽譜の代表のNさんは広大出身で、グリー以前に存在していた男声合唱団に所属していました)。
 『なまずの孫』はもっと多くの方に読まれるべき著書だと思いますし、「枯木と太陽の歌」に関する情報は私も知りたいところです。

「枯木と太陽の歌」について

 「枯木」については、『ハーモニー』No. 87「日本の作曲家シリーズ3 石井歓」で少し触れられておりますし、初演データを持っております。
 1956年作曲という文献もありますが、55年が正しいようです。

1955年12月2日 東京男声合唱団第6回演奏会
石井歓指揮、久本成夫ピアノ、第一生命ホール

 現在も実在する合唱団ですが、1949年に誕生してから10年ぐらいは、清水脩や石丸寛、そして石井の下、日本の作曲家への委嘱活動を続けておりました。
 戦前の男声合唱は団体の数では、混声や女声をしのいでいても、曲数の点では非常に貧しいものでした。日本の男声合唱団が委嘱をして、レパートリーを増やすようになったのは、この合唱団の活動があってこそだと思われます。
 「月光とピエロ」や「枯木」は、多くの委嘱作品のなかの一部です。

 石井が教えを受け、「枯木」の書法に影響を与えたオルフについては、彼自身が『音楽芸術』1955年1月号で書いております(かなり前に読んだ記憶があります)。

 なお、「枯木」の初演データは『東京男声合唱団創立五十周年記念誌』に掲載されております。私は団員の方から直接資料を見せていただきましたが、国立音楽大学附属図書館にも所蔵されているようです。

「富士山」について

 「富士山」についても自分の気がついたことを書きます。
 演奏や作品解釈のお役に立つかどうかはわかりませんが。かつて、「(未認可版)多田武彦合唱作品データベース」というサイトに情報提供をしていた時期があり、その掲示板に書こうと考えていたものの、いまだに行っていない内容です。

 ご存じかと思いますが、この組曲は多田武彦の第2作目にあたるものです。第1作「柳河風俗詩」について、彼に作曲を教えていた清水脩から「よくまとまっているが、こぢんまりしている」といった趣旨の意見を受けたことから、それに応えてスケールの大きい組曲にしたと、作曲家はいろんなところで語っています。
 http://old2.josuikai.net/circle/mgc/kenkyu/kenkyu02_tadatake.html

 ただ、力強さだけを狙ったわけではないのは確かです。現在の多田は保守的な作風として良くも悪くも認知されていますが、この作品においては、当時の「前衛音楽」の成果を自分なりに取り入れた節が見られます。

 「作品第貮拾壹」の最初が典型的です。最初の「平野すれすれ。/雨雲屏風おもたくとざし。」では12の音のうち、9つが使われていますが、それをAから並べると、
 A-Bb-C-C#-D#-E-F#-G-G#
 となります。最後のG#を除くと各音の関係は半音と全音の交代であり、オリヴィエ・メシアンが『わが音楽語法』の中で挙げた「移調の限られた旋法第2番」に一致します。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%BB%E8%AA%BF%E3%81%AE%E9%99%90%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%97%8B%E6%B3%95

 作曲家がこの旋法を意識して使っていることは、次を見れば明らかです。2回目の「平野〜」は、Eから始まりますが、これは最初に示した9音音階を5度上げたもの。先の旋法の2番目のパターンです。

 4回出てくる「その絶端に。」は、
 H-C-D-D#-F-F#-A
 の7つの音で構成されており、G#を加えれば、移調の限られた旋法第2番の3番目のパターンに一致し、この旋法の3つの形すべてを使っていることが読み取れます。

 『わが音楽語法』の日本語訳は1954年に出版されており、若き作曲家がこの本にアクセスしたとしても不思議ではありません。
 この本は日本の多くの作曲家にメシアンの音楽語法を知らしめ、その影響を与えたのですが、今日、最も保守的な合唱作曲家だとみなされているはずの彼が、当時の日本の合唱界に前衛の風を吹き込んでいたのは興味深いです。もっとも、メシアンの影響かどうかは作曲家に訊いていない私の推測に過ぎません。

 「いきなりガッと。」の  H-D-F#  は、移調の限られた旋法第2番の3つめのパターン(「H-C-D-D#-F-F#-(G#)-A」)に含まれている音で、この部分は、旋法によるおどろおどろしい世界から、四和音による優美な(「夕映えの」)世界に変えるための橋渡しです。

 なお、移調の限られた旋法第1番(全音音階)は、組曲「雪明りの路」の「夜まわり」で用いられています。「毎晩月夜に歩きまはるので/爺さんの目は」と歌うテノールの音はC-D-E-Gb(=F#)-Ab-Bbから構成されています。

(上記の寄稿は2008年2月23日、2月29日、3月1日の当サイトのフォームメール及びEメールによるものです。)

 
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-16 (日) 12:58:26 (3962d)