FrontPage > 目次 > 合唱フェスティバル(2010)案内

合唱フェスティバル(2010)報告

 下記の通り、指揮者松尾氏(22回卒)から報告がありました。(ク)


件名:[hirogleeob:00760] 今日の「広島県合唱フェスティバル」について  日時:2010/10/17 21:51

松尾です

本日の広島県合唱フェスティバルについてご報告します。


指揮:松尾  ピアノ:渡部

T1:平岡(旧姓三満),大門
T2:山野上,竹本,三好,山下,嘉村
B1:細川,磨,荒木
B2:岸,小原,梅田,岩尾,亀井

計15名での出演でした。

参加された皆さん,どうもありがとうございました。
1月の演奏会に向けて, これからもよろしくお願いいたします。



講評は以下の通りです。


石橋久和 先生 (合唱指揮者:女声合唱団フィオーリ)

○ とてもバランスの良い合唱団です。声質も統一され
  全てのパートがミキシングされて,聞いていて好感が
  持てます。

○ 言葉がもう少し聞こえてくると楽しいかもしれません。
  詩の語句をきちんと,発音してみましょう。しゃべる
  ように歌う,歌うようにしゃべる。よく言われます。

○ 暗譜しましょう,できればね!


小野村和弘 先生 (声楽家:エリザベト音楽大学)

○ 各声部がそれぞれしっかりしており全体のバランスが
  とても良いと思いました。

○ テノールパートが音色も明るく音色も統一され良かったです。

○ 欲を言えば,バスパートが体の響きをもっとつけ重厚な響き
  になれば更にすばらしいハーモニーになると思います。

○ 久し振りに男声合唱の美しいハーモニーを聞かせてもらいました。


岡田陽子 先生 (作曲家:エリザベト音楽大学)

輪踊り
 音楽の持つ周期(拍子)と大きなフレーズを,さらに一人一人感じて
 演奏することにより,更に流れがなめらかになるでしょう。
 とても安定した流れの中での音色の変化を楽しませていただきました。

人の言うことを信じるな
 細かい流れと大きな流れの両方を,一人一人捉えて演奏されると
 更にまとまり,そろい,音楽の構築もより明確となり,説得力も増して
 いくのではと思いました。
     


 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-17 (火) 07:08:36 (2251d)