FrontPage

広大グリー今日の出来事

●10月20日

 
1967
<吉田茂元首相死去 31日…国葬>
1974
広島合唱フェスティバル参加(青少年センター)
1975
<スペインの独裁者フランコ総統死去>
1978
三大学交歓演奏会(東京外語大グリー、大阪外語大グリー 於・大阪中之島中央公会堂)
2002
広島県合唱フェスティバル(郵便貯金ホール)

●10月21日

 
1962
合唱コンクール広島県大会(児童文化会館)
1965
<朝永振一郎博士のノーベル物理学賞受賞決定>
1984
松山商科大学グリークラブとのジョイントコンサート(青少年センター)

一〇月 神無月

かみな・づき【神無月】
(神の月の意か。また、八百万(やおよろず)の神々が、この月に出雲大社に集まり他の国にいないゆえと考えられて来た。また、雷のない月の意とも、新穀により酒をかもす醸成月(かみなしづき)の意ともいわれる)陰暦一〇月の異称。かみなしづき。かんなづき。神去(かみさり)月。<[季]冬>。 →神在(かみあり)月

ぎん・もくせい【銀木犀】
モクセイ科の常緑小高木。中国原産の観賞用植物。高さ三メートル余。葉はキンモクセイより鋸歯が明瞭。一〇月ごろ小白花を歯のつけ根に叢生、芳香を放つ。雌雄異株。キンモクセイと同様に日本のものは結実しない。木犀。漢名、銀桂。<[季]秋>

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

20日 誓文払い

せい・もん【誓文】
〜・ばらい(・・バラヒ)【誓文払い】
近世、陰暦一〇月二〇日に京都で商人・遊女などが四条京極の官者殿(冠者殿)に参詣し、日ごろ商売上の駆引きに嘘をついた罪を祓い、新罰の放免を請う行事。今でもこの日の前後、京阪の商店は特に安値の売出しをする。<[季]冬>

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

21日 白熱電球

はく・ねつ【白熱】
〜・でんきゅう(・・キウ)【白熱電球】
電球の一種。真空の、または適当な気体を封入したガラス球内に融解点の高い金属フィラメント(タングステン線など)を入れ、その白熱を利用するもの。白熱灯。

出典:「広辞苑一日一語」(2008年1月11日発行 岩波書店)

修学旅行
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


添付ファイル: fileILM07_AA23010.jpg 184件 [詳細] fileILM07_AA18011.jpg 190件 [詳細] fileILM07_AA02007.jpg 203件 [詳細] fileILM07_DA18010.jpg 176件 [詳細] fileILM07_DA08010.jpg 201件 [詳細] fileILM07_CA01013.jpg 239件 [詳細] fileILM07_BA25014.png 263件 [詳細] fileILM07_BA09011.jpg 295件 [詳細] fileglee_ayumi.xls 411件 [詳細] fileneri.gif 393件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-21 (日) 08:37:41 (15h)