玉川(楠田)音楽教室発表会賛助報告(2013)

玉川(楠田)音楽教室発表会参加者

以下、参加メンバーからのメールを引用します。(ク)


件名:[hiroglee-ob:0682] 関東演奏会報告  日時:2013/07/22 10:01


昨日、大宮での「玉川音楽教室ピアノコンサート」に賛助出演しました。その報告をさせていただきます。

■12時半定刻には全員大宮駅に集合、遅れる人などぜんぜんいませんでした。その後、会場に移動、13時より、リハーサルを20分実施、ステージは複数のピアノなど設置されており、その合間にたって歌うこととなりましたが、歌える場所さえあれば、問題はなく、発声もしていない中、無事リハーサル終了しました。会場は音響効果が悪く、音が分散し、割れたような声になり、実力不足分をカバーしてくれない状況でした。
■その後14時半まで、近くの「楠田先生の教室」に移動し、お子さんやお母様のご挨拶を受け、飲み物と氷まで準備いただきました。感謝感謝。1時間少しの練習でしたが、ポイントをおさらいしたおかげで、なんとかまとまった感があります。
■15時に、再び会場入りし、着替え、休憩をし、15時20分から
出番となりました。さすが、皆さんの集中力はすばらしく、リハーサルとは雲泥の差!の演奏をすることができました。出来は私の評価で「中の上」ですが、目的である、「子供たちに男声合唱の魅力を伝える」ことは達成できたと思っています。
■演奏会概要
2013年7月21日 さいたま市民会館おおおみや 小ホール
参加者:指揮:山口 伴奏 楠田先生
     T1:辻、八田、森下、庄崎、市位 T2:大内、黒田、増山、栗栖、柴原 B1:福島、渡辺、藤田 B2:松田、柴田、山本・・・合唱16名
    ☆他の定期演奏会、はずせない所要、風邪でダウンで、地元関東のメンバーがベース系を中心に4名欠席の中、関西と広島からの応援でなんとか歌えることとなりました。
     本当に 感謝、感謝、感謝  です。応援がなければ、歌える陣容ではありませんでした。
    ☆倍近い陣容のテナー系に負けないようベース系がんばりました。
演奏曲目:ヤマト、希望の島、ライチャリ、秋たのピエロ、サライ   と 勝手に「はるかな友に」の合計6曲を演奏しました。
直ちに 「有楽町」に移動し、17時15分から20時まで「盛大な懇親会」を開催しました。残念ながら、藤田さんはお仕事の関係で参加できませんでしたが、
定期演奏会終了した、、藤川さんが挨拶に訪れ、金一封をいただき、佐々木さんは そのまま懇親会に合流し、総勢17名の参加でした。
■懇親会では大いに飲み歌いましたが、その部分は割愛し、飲みながら出た話題について記載します。
☆11月3日の関西での「バッカスフェスタ」の参加要請に、関東からも福島、黒田、佐々木、庄崎が参加表明しました。まだまだ今回のお返しには足りませんが、
☆関東は年齢層が高いのですが「55周年」にむけて あと3年はがんばり、関西との連携を今以上に深めたいと考えています。
☆55周年での曲目を早めに決めてもらうべく、広島のキーマンに案を含めた要請をしますよ 広島から1人参加された「栗栖さん」みなから攻められ、ご苦労さまでした。
広島のみなさん・・・・来年5月の賛助出演の曲目も早めに決めていただければ、練習してでかけられると思います。 

◇観客の感想:それなりにまとまっていて楽しかったが、グリーの良い演奏を聞いているので、重厚感と統一感が もう少し(私の女房)
         キレイな声で本当によく声がでる。サライはよかった(元 金沢大学合唱団の男声)
         リハーサルから2時間で あんなにレベルアップするとは 見違えるようでした(楠田先生)
        男声コーラス はじめてでしたが、感動しました(福島の知人)
以上です。


件名:[hiroglee-ob:0683] 関東演奏会報告(写真添付)  日時:2013/07/22 22:06

グリーOBの皆さん 山口@2回卒です。
 フェニックス・メールの「玉川音楽教室ピアノコンサート」
(7月21日 さいたま市民会館おおみや小ホール)への賛助出
演が無事終わりました。当日の指揮を担当しました。

 栗栖さん(21)、辻さん(22)、藤田さん(24)、八田さん(25)、
森下さん(26)、山本さん(26)、柴原さん(29)、市位さん(38)に
は、遠路はるばる応援に掛け付けて下さり、本当にありがとう
ございました。

 21回卒〜29回卒というグリーの飛躍的な時期の皆様がたの繋
がりの強さも感じました。
 当日の関東勢は8名でしたので、このの8名のかた方の応援
なしでは成り立たない出演でした。その意味からも心から感謝
します。

 当初パートバランスを懸念していました、又半数が応援組と
いうことで、曲想について日頃の関東での練習の成果がどれだ
け出せるか?との心配もありましたが、本番では3人のベース
がしっかり支えて、パートバランスを保ってくれたと思います
。実際テナーからもベースが良く聴こえたと言っていました。

 又曲想についても、1時間弱の直前練習の中で吸収してもら
えて、カバーできたのではないかと思います。

 そんな本番での演奏ですが、私にとってはハーモニーの完成
度、強いハーモニーの直後のユニゾンの音の透明度、フレーズ
の歌い回しなど細かい部分に気になる点はありました。
 が、それは言えばキリのないこと。当日の聴衆にはある程度
評価してもらえた出来だったのではないでしょうか。その感想
は福島さんからの報告の通りです。

 このような演奏ができたのも、練習や本番でのメンバーの集
中力と、グリーの中で代々受け継がれて一人一人の身体に染み
込んだ「何か」成せるものだった、と思います。これこそを「
グリーの伝統」と言うのだろうと思います。

 親睦会では赤本の曲目を次々と歌いました。のびのびとした
歌声は歌う喜びに満ち溢れ、ハーモニーもばっちり決まって、
迫力ある素晴らしい演奏(?)。これこそ誰かに聴いてもらいた
かったくらいです。

 30歳以上もの世代を超え、住む地域も異なるOBが一堂に
会し、声を合わせて歌い継がれてきたハーモニーを奏でる。そ
の楽しさはグリーのOBの集まりならではのことです。

 そのグリーを創設したメンバーの一人の稲富さんがつい先ご
ろ亡くなられました。今や現役生のいないグリーになってしま
いましたが(正確には、大学院生が1名在籍。編者補足。)、
50年以上も経った今もOBたちがこうして集っ
て、歌い続けていくことができるのも稲富さんたちのお陰、と
そんな思いがよぎって胸にこみ上げるものもありました。

 何はともあれ、楽しくも思い出に残る1日でした。皆さん、
ありがとうございました。(長文、失礼しました)

追伸: 当日出演者全員で撮った写真を添付しました。他の写
真は何らかの形で閲覧できるようにしたいと思っています。
 


件名:[hiroglee-ob:0684] Re: 関東演奏会報告  日時:2013/07/22 22:41

福島様
関東の皆様

25回卒 八田です。
演奏会では、会場への案内や練習の段取りなどなど、
大変お世話になりありがとうございました。
私自身の練習不足と全体での摺合せ不足など、課題をいっぱい残したままで臨んだ演奏会でしたが、
当日の山口さんの少ない時間の中でのツボを押さえた的確な指示、そして緻密な練習。
皆さん、求められていたことに全部答えていたかどうかわかりませんが、反応良く、集中されておられました。
演奏の方は、自分では評価できませんが、福島さんのコメントにあるように「まぁまぁ、良かった」のではないでしょうか。
皆さん、お疲れ様でした。

また、懇親会ではごちそうになり、ありがとうございました。
あっという間の2時間半でした。
先輩方の様々なエピソードを聞くたびに、驚きや感動があります。
残念ながら最近亡くなられた稲富さんや長谷部さんの話題もでて、
私は全くお目にかかったことはありませんが、お二方の人となりが偲ばれ、よい供養になったのでないかと思います。
あらためて、先輩方に感謝申し上げます。

帰りの新幹線の中で、辻さん、柴原さん、市位さんとともに余韻を楽しみながら帰路に就きました。
本当にありがとうございました。

P.S.
懇親会途中、しつこくバッカス、バッカスと皆で申し上げましたが、
福島さん、黒田さん、庄崎さんエントリーありがとうございました。
佐々木さんは、何とか調整すると言っていただいたと思います。
そして、栗栖さんいつもエントリーありがとうございます。
後日、全国の皆さんにも募集のメールをいたします。
是非ご参加の程、よろしくお願いたします。


関東OBのホームページ


添付ファイル: file出演者.JPG 183件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-24 (水) 06:37:48 (2327d)