関東OBのホームページ > 関東OB忘年会報告(2010)

関東OB忘年会報告(2010)

全員で

左から
 3列目 渡辺 山根 大内 柴田 山口 久保 大月
 2列目 庄崎 松田(耕) 遠藤様 福島 有田 藤井
 1列目 佐々木 村上様 岩村様 柏原様 藤川

 以下、福島氏(第6回卒部)からのメールを掲載します。(ク)


Subject: 忘年会のご報告
Date: 2010/12/06 20:48

グリークラブ関東OB会忘年会18名の参加で盛大に開催。
日時:2010年12月5日 13時から16時
場所:銀座7丁目「かこいや」
 出席メンバー
  岩村様、村上様、柏原様、遠藤様
 グリーOB(敬称略)
  藤井、藤川、山口、久保、大内、有田、福島、渡辺、松田(耕)、佐々木、大月、柴田、山根、庄崎

 3名の若手の参加が何よりうれしいできごとです。

 岩村様、村上様、柏原様からグリーの思い出と熱い思いなどについてお話をいただき、ピアニストの
遠藤様も今回初めて自己紹介をいただきました。

 話の合間に、いざたて、希望の島、雨、斎太郎節、ライチャリ、柳河、はるとも、sing a long,
stanchenなど歌えそうな愛唱歌は全て歌いました。
(ドイツ語など定演への課題も見つかりましたが)
 勢い余って「月光とピエロ」を全曲通し、最後は学歌で締めました。 「月下の一群」も歌おうと藤川氏が電子ピアノを
持参されましたがなぜか音がでませんでした。
 来年の定演に向けてムードは最高潮に達し、定演後も月1回の練習を行い、男フェスや遠藤様のピアノ
発表会へ参加しようという話になりました。 今後は若手メンバーの更なる横への広がりを期待し
グリー再生への活力になれば良いと願っています。
岩村のおばさんも本当に喜ばれて、お元気に帰宅されました。
最後に大内さんのコメントを記載して雰囲気をお伝えします。
(佐々木 記)

歌い納め忘年会は大変意義深い会となりました。
村上ファミリー、岩村のおばさまを核にして文字通り愛唱歌三昧のひと時に胸にこみ上げるものを感じたのは参加者全員であったことと思います。
大内 剛



★村上  様からのお礼のメール
楽しい忘年会に参加でき、感謝・感激しています。広大グリーOBの連帯感の素晴らしさに感動し、岩村のおばさんのお元気な姿に感激しました。
「貝新」での買い物も良い思い出になります。広島での最後(?)の演奏会には参ります。楽しみにしています。皆様も良いお年を!
村上處直

★柏原様からのお礼のメール
昨日は、グリークラブOB会の「忘年会」に参加させて頂き
 楽しいものでした。本当にありがとうございました。
 50周年記念のコンサートをなさるので練習がきちんと出来ていて 14人という人数なのに声量があって
 その歌声を聴かせて頂き、何とも贅沢な時間でした。その懐かしい曲が、お腹の底まで響いて
 泣きたくなるほどで我慢するのに苦労しました。
 長兄が、よほど嬉しかったのでしょう。酔っ払い過ぎていましたね。(他人の振りをしようかと思いました)
 50年の年月、あのようにしてご挨拶している自分を想像も出来ませんでした。
★遠藤様からのお礼のメール
美味しいお料理と、素晴らしい歌に囲まれて、幸せな時間でした。どうもありがとうございました(o^-^o)
皆さんとても楽しそうで素敵ですね。
佃煮屋さんは、無事に見つかりましたでしょうか?
26日の最後の練習、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

★柏原通子様の忘年会でのご挨拶
 50年前、私は17歳の高校生でした。
 「村上先生に、グリークラブの顧問をお願いしたいのですが・・」
 と稲富さんがいらして、母と「冗談でしょう!」って叫びました。
 だって、父の歌声を聴いたこともなく、楽器などを弾く人では
 ないのですもの。引き受けたので、またビックリ。
 とは言え、長兄(村上處直)が東京の大学のグリークラブに
 入団して、その地方コンサートのために全員広島に連れて来た
 こともあって、男声合唱の醍醐味はみんな知っていました。

 初めての演奏会には、両親がその日、仲人のお約束があって
 両親を代表して、千田小学校に花束を持って行きました。
  大役を果たして、ちょっと昼寝をしていました。両親は帰宅
 していました。庭から、男声合唱が聞こえてきました。
 夢うつつの中で、ビックリして飛び起きました。
 「聴いてもらいたくて」とほとんど全員我が家の前にいらして
 いました。あんなビッグ・サプライズは今迄にもありません。 
 あの新しい己斐の家は、建築科の学生だった長兄の処女作でした。
 本人は東京で暮らしているので、あの家を楽しんだことがありません。
 その代わり、グリーの皆さんが存分に楽しんでくださいました。

 ピアノ教師だった母が、みなさんの合唱の伴奏をしたり
 楽器を持って来た人の伴奏をしたりして、とうとう
 「あぁ〜いけない!最終電車はもうない〜!」となり、
 8畳間の応接間で、みんな雑魚寝をすることに決まり、
 高校生の私は、もっぱら「おにぎり屋さん」になって
 夜食を作りました。 
 朝早く、大学の講義に間に合うように5・6人が
 あの丘の坂をバタバタ走りながら帰って行かれました。
 もう、母さくら子にとっては、全員が"息子"でした。

 国立大学の"真面目な"学生さん達にたくさん会ってきて
 私の男性を見る"コツ"が育まれました。
 それに反して、東京の学生のその"軽さ"に失望していました。
  広島での1985年の父の告別式、1990年の母の告別式に
 グリーのOBの方が歌って下さって、今でも思い出すと
 涙が出るほど、感動しました。

 父がグリー顧問を引き受けたことで、一生の“財産”を
 貰ったことになります。  
 1月9日の広島でのコンサートの成功をお祈りします。

 ♪柏原(村上)通子♪


 
 

関東OBのホームページ


添付ファイル: file全員で.JPG 81件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-08 (水) 06:38:17 (3293d)