FrontPage > 目次 > フラウエンコール紫水第15回演奏会報告

フラウエンコール紫水第15回演奏会報告

以下、メールから引用します。(ク)


件名:[hiroglee-ob:0085] 紫水賛助報告  日時:2011/12/03 23:10

こんばんは。荒木です。

本日の紫水賛助にご参加いただいた皆さま、お疲れ様でした!

 参加者(もれていたら補記をお願いします)
  指揮
 玉川崇
 T1
 佐川、八田、庄崎、大門、高原
  T2
 大内、山野上、竹本、増山、栗栖、嘉村、柴原
  B1
 塩出、佐々木、山本、藤田、荒木
  B2
 細川、磨、柴田、山本、亀井 



特に関東、関西からご参加いただいた皆さまには心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

組長によると、今回のテーマは「義理と情の孔雀玉」ですので、
広島、関東より、多くの皆さまが年明けの関西の行事に
ご参加いただけることを期待しています。
私も何とか調整したいと思います。。

それから、昨日入籍した大門君の奥様も会場に呼んで、
細川さん、玉川さん、荒木で仕込んだお祝いをしました!
このお祝いは、スローンチェメンバーにも内密で決めましたが、
奥様にも喜んでいただけたようです。
末永くお幸せに!

来年10月14日の浅井先生追悼の行事については、
これから広島地区を中心に、メール等で全国の皆さまに
ご協力をお願いたします。

次回は関西で会いましょう!


件名:[hiroglee-ob:0086] 紫水賛助報告(追伸)  日時:2011/12/04 4:41

おはようございます。荒木です。
変な時間に目が覚めたので、何点か補足をさせていただきます。

リハーサルで突然決定した、スローンチェ賛助ステージアンコールの
「君といつまでも」は、会場の拍手に応えるためではなく、
演奏会前日に入籍された、大門夫妻を祝うために追加しました。
アンコール曲の追加は、組長から紫水さんに許可を得ましたが、
団員の入籍を祝う目的ということは伏せていました。

ステージ直前に、指揮の玉川さんから大門君に、
「私は用事があり引っ込むから、指揮者への花束は君が受けなさい」
と、意味不明な命令をされました。
真面目な大門君は、不思議そうな顔をしながらも、先輩の命令どおりに
花束を受けました。
指揮者が、演奏後のステージで花束を受ける以外の用事など
あるはずもないのに、命令に従った大門君は偉いと思います(笑)

その後、組長が客席の拍手を煽って強引に?アンコールに持ち込み、
定番の「幸せじゃのぉ」に続いて、先ほど花束をもらった大門君が
昨日入籍したことを報告され、会場の奥様をステージに誘導されました。

お客様や紫水さんにも喜んでいただいたようですし、
大門夫妻にとって、いい記念になったと思います。
一番喜んだのは、仕掛け人の細川、玉川、荒木かもしれませんが(笑)


打ち上げの居酒屋では、打ち上げのみ参加の岸さんが、お店から
「他の客からクレームがあれば5秒以内に止める」
との許可を取り付けて、玉川、庄崎、柴原、高原さんの各地区指揮者や、
酔った大門君の指揮で、大いに歌いました。
紫水さんにも歌っていただきましたが、声量で勝負する我々とは違って
とても美しいハーモニーでした。

二次会はスローンチェ16人で、広島駅前のカラオケボックスに行きました。
カラオケ大会で優勝された実績をお持ちの岸さんが、2曲カラオケを
ご披露されただけで、2時間近く合唱ばかり歌いました。


広島地区では、来年10月14日の浅井先生の命日に開催予定の
浅井先生を偲ぶ会に向けて、来月からまた練習を開始するとともに、
会の内容を検討して、全国のOBの皆さまに相談させていただきます。
引き続きよろしくお願い致します。

荒木からの報告は以上です。
皆さまからの報告や感想などもお聞かせ下さい。
よろしくお願い致します。


件名:[hiroglee-ob:0090] 昨日は、ありがとうございました。  日時:2011/12/5 1:26

昨日の紫水賛助、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
東京から、関西から、たくさんのご参加を得て、久しぶりのまとまった男声合唱ができて、うれしく思いました。
特に、朝の練習と舞台でのゲネプロでは、時間が経つごとに1つにまとまっていく広大グリーらしい声と
本番に近づくごとに高まる緊張感と興奮。ステージに賭けてきたグリーメンの魂をひしひしと感じました。
こういう場に指揮者として居合わせられた幸運を素直に喜びたいと思います。

実は本番前日、不用意に風邪を引いてしまい、声が全く出なくなり、出るのは咳ばかり。頭を抱えておりました。
数種類の薬を服用しても効果がなく、司会もあるのにどうしようかと思っている間に、電車が広島に到着。
「浅井先生、助けてください。」なんて、柄にもなく、神頼みならぬ浅井先生頼みをしてみたところで、
塩出さんにお会いして、「おはようございます。」と言うと、なんと不思議、しゃがれ声ながら声が出たのです。
冗談のようなホントの話。

あとは、皆さんがご存じの通り。発声から浅井先生が乗り移ったような勢いでしたし、無性に「秋のピエロ」を
やりたくなりました。今考えれば、私の後ろに浅井先生がついていてくださったから、うまくいったのだと思います。
おかげさまで、咳き込まずに無事指揮を終え、しゃがれ声ながら司会進行も何とか最後まで滞りなく進み、
誰かに言いたいサプライズを必死に我慢し、小心者の玉川としては一世一代の大ウソを大門について、何とか
責任を果たせたかな、と思います。また、軒先を借りて母屋を乗っ取る醍醐味も覚えてしまいました。

今回、指揮者が4人もいて、大変心強かったです。東京の山口さん、福島さん、広島の松尾さん、岸本くんと、
指揮者も大勢になってきましたので、今後、手書き楽譜の清書や、音取り音源制作、10/14に向けての共通
レパートリー選定、通信教育的な音取りシステムの工夫などを、技術系で考えていけたらうれしいと思います。
間隔の開いた練習でもいい全体練習をするためには、個人個人が音とハーモニー感を獲得することが一番。
もしかすると、現役が復活したときにとっても役に立つかも…、なんて夢見ながら、自分のできることを考えてみます。

10/14に向けて、真面目でひたむきなグリー馬鹿たちで、たくさん話して、たくさん飲んで、たくさん歌いましょう。
メールも電話も、やっぱり面と向かってのコミュニケーションには、とてもかないませんからね。


打ち上げと二次会では、見事にたがが外れてしまって、飲むは叫ぶは、もはや「広島名物」となったカラオケボックス合唱では
意識がもうろうとしながら、「ぜったい音は下げない」なんて考えていました。
声を奇跡的に出させてくださった神様のばちが当たったのか、日曜日は見事に一日中声は出ず、そして二日酔いで起きられず、
前日アドレナリンが出まくっていた体の中を、アセトアルデヒドと風邪のウィルスが猛スピードで駆け回りました。

いい加減でアバウトな指揮と、長時間にわたる適当な練習、申し訳ありませんでした。
でも、私にとってはいろいろいろいろあった紫水賛助でしたが、たいへんうれしく、幸せだと感じられた一日でした。
皆様、ありがとうございました。 58玉川


 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-05 (月) 07:29:44 (2976d)