FrontPage > 目次 > コンクール決意文

コンクールへの参加に向けて

                                           指揮者 松尾寿人(第22回卒部)

全国の広島大学グリークラブOBの皆様

 別紙、実行委員会からの宣言文の通り、50周年記念事業実行委員会として活動を始めました。そこに集うだれ
もが、50周年記念事業を、単にノスタルジーの集いにはしたくない。広島大学グリークラブ再生への第一歩とし
たいと考えています。

 そのために、今年、OB合唱団「コールスローンチェ」としてコンクールに参加します。指揮者を引き受けるに当
たって、私は、本気で「札幌での全国大会出場」を目指しています。

 全国大会出場を果たせば、新聞、テレビ等のメディアに取り上げてもらい、広大グリーの現状とOBたちの熱い
思いを伝えることができる可能性が増えてきます。県大会、中国大会止まりでは、メディアには注目してもらえま
せん。新たな部員獲得のためにも、是非全国大会に出場したいのです。

 もう一つ、今年の全国大会は北海道、札幌で行われます。そう、48回定期演奏会を立派に成し遂げた、部長の
村上大賀君がこの4月より北大に通うことになっています。2年生からの途中入部だった村上君ですが、一度途
切れた心に打ち勝って、多忙な中この一年間部長として48回定期演奏会の成功に向けて尽力してくれました。彼
無しには、先日の演奏会の盛会はあり得ませんでした。そんな彼と、もう一度歌いたい。札幌での彼の舞台を、是
非共にしたい。

 しかし、県大会、中国大会突破というハードルがあります。

 現在のコンクール一般の部は、A部門(32名以下)とB部門(33人以上)に分かれています。大雑把に言うと、A
部門では緻密なアンサンブル、B部門では豊かな音楽性が求められています。全国各地からOBが集い、決して多
くない練習で音楽作りをしていくこの合唱団の性格上、A部門で出場するより、B部門で出場する方が可能性は遙
に高いと考えています。しかも、ここ数年中国地方代表として全国大会に出場していた合唱団(私も所属してい
るのですが)が、今年のコンクールには不参加なのです。チャンスです。

 そのために、これまで実行委員会で何度も検討を重ね、課題曲と自由曲を選曲しました。

 昨年の演奏会前後、「『五つのラメント』でコンクールに出場しよう。」と宣言したのですが、現状を分析し、より
OB合唱団のよさが発揮できるであろうこれらの曲に変更しました。


 あとは人数です。50名のメンバーが集まれば、全国大会出場の可能性はさらに高くなってきます。確かにコン
クールですので、緻密な練習が必要です。でも私は、あえて言いたい。

「志のある方には、とにかく参加してほしい。たとえ練習に1、2回しか参加できなくても。」と。

 演奏に関する責任は、全て私が負います。安心してご参加ください。そのための練習に全力を注ぎます。資料等
もホームページを使って提示していけるものと思っています。あとは皆様のお心次第です。去年の演奏会でも聞
かれた「グリートーン」が鳴り響けば、全国大会出場は叶うものと確信しております。

 以上のような事情でご案内が遅くなってしまいましたが、従前よりホームページでお知らせしているとおり、4
月12日(日)より練習を開始します。もしご都合の悪い方は、参加表明だけでもかまいません。
 皆様一人一人に広大グリーの未来がかかっているのです。是非、この日に一人でも多くの皆様にお集まりいた
だき、札幌の地での広大グリー復活への第一声を上げたいと思っています。

 今こそ、再びグリークラブへの愛の炎を、みんなで共に燃やしましょう。

 
 
 

[ FrontPage | 目次 ]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-26 (木) 08:50:23 (3951d)