FrontPage > 目次 > 【記事】よくぞ生き延びた、グリークラブ!

 第2回目は、昭和44年の部長小林秦則氏による、NHK番組「プロジェクトX(エックス)」のような記事です。中島みゆきの「地上の星」を聞きながら読むと感動します。
( 2000年12月10日発行創立40周年記念誌「湧唱(ようしょう)」より抜粋)

よくぞ生き延びた、グリークラブ!

    昭和44年度部長 小林秦則

 創立40周年*1おめでとうございます。1年、また1年といった積み重ねが、こんなにも長い年月を刻むものか、と素直に驚いています。さて、昭和44年度を振り返ると、まさに「激動」の年。同様の文章は「20周年記念誌」にも書きましたが、再度、とりまとめておきます。特に、「大学紛争」を直接体験していない多くのグリーメンに是非読んでもらいたいと思います。

 全国の大学で激化していた「大学紛争」の波は広大をも巻き込んだ。昭和44年2月10日から半年の間、過激派学生が学内を占拠、大学は完全に封鎖された状態にあった。正門に机・いす等を積み上げて築いたバリケードはその象徴。授業は無期延期、入試に合格した新入生は自宅待機。グリーメンも「大学とは何か。我々は学生として、人間としてどうあるべきか」と問いかけられた。「歌なんか歌っている場合じゃない!」と、グリーを去るメンバーが続出。人数も激減。まずは存亡の危機。役員会としても困惑した。

 4月中旬、状況は悪化。サークル単位での紛争への参加要請、さらに「文化部解体宣言」が出るに及んで、ついに学内での練習(活動)が不能となった。「グリークラブ総決起集会」を開催(4/19)。クラブの活動方針を検討するための会議であると同時に、個人個人が大学紛争を自分の問題として考える場となった。議事の進行に大変苦労した記憶がある。

 最終的に「歌うことだけは続けよう!」との結論に至り、学外活動を開始(4/22)。ジプシー状態となった初日は平和公園での練習。正直なところ、歌っていても歌声が散ってどうしようもない。やはり合唱は室内で楽しむもの。絶望感(?)に近いものを感じた。

 しかし、何事もあきらめてはならない。まさに「神の助け」、幸運にも鶴見町の広島ルーテル教会のチャペルを練習場に提供していただけることとなったのだ。「これでグリーは生き延びたぞ!」と思った。

 そのうち、何と信じられないことに、自宅待機中の新入生が10人以上も「グリーに入りたい」とやって来た。有り難いやら、信じられないやら、複雑な気持ちであった。

 指揮者の坪内君や各パートリーダーの懸命の努力にもかかわらず技術水準の低下は不可避であった。

 8月中旬、ついに機動隊が正門前のバリケード撤去を強行。我々は複雑な思いで新たな練習会場である大学会館に戻ることとなった。

 そのような状況の中、一部大幅な練習計画変更を余儀なくされたものの、甲南大グリー・広島女子大フラウエンコールとの合同演奏会(7月)、山口大マンドリンクラブ広島演奏会賛助(8月)、合唱コンクール県大会・中国大会(10月)、定期演奏会(呉・広島)(45年2月)など、グリーは決して歩みを止めなかった。チーフ・マネ田中君の力に負うところ大であった。

 また、紛争の最中、サークル活動をめぐる問題の解決に向け、他の音楽系サークルに呼びかけ「新広島大学音楽サークル協議会」を設立、大学側との交渉の中心的役割を果たした我がグリークラブ役員会の活躍も忘れることはできまい。


[ FrontPage | 目次 ]


*1 2000年12月現在の記事です。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-10 (日) 08:25:47 (4797d)