FrontPage > 目次 > 【記事】「最後の定期演奏会」

【記事】「最後の定期演奏会」

 第48回定期演奏会で演奏予定の「枯木と太陽の歌」について、雨森文也氏の記事が合唱連盟の機関紙「ハーモニー」第146号の「今こそ歌い継ぎたい名曲」シリーズの第1回目として掲載されていると益田先生からご教示いただきました。
 以下、引用いたします。(http://www.jcanet.or.jp/harmony/index.htm)(ク)


男が男の生きざまをうたう
 『枯木と太陽の歌』
  (男声合唱組曲 1956年 石井歓作曲 中田浩一郎作詞)


 
雨森文也氏

 新企画の冒頭から私事で恐縮です。私が合唱指揮を始めたのは高校1年生の時なのですが、実は私の合唱のルーツはもっと前にあります。私の父・叔父は大学男声合唱団全盛の昭和20年代~30年代にかけて、大学で歌っており、卒業後地元(岐阜県大垣市)で男声合唱団を結成し、以来40年以上にわたって歌い続けております。そうした環境下、私にとって合唱といえば、父・叔父が歌う男声合唱でした。小学生の頃、『月光とピエロ』『雨』『柳河』などそれこそ耳にタコができるほど聴かされました。そして中学生の頃にはその男声合唱団のピアノ伴奏をしたこともありました。
 そのため現在も私にとって、その時代の男声合唱の作品は、特別な(懐かしさを伴う)作品たちです。しかし近頃の大学男声合唱団の衰退(父が所属した大学男声合唱団も数年前に団員数が1桁になり消滅の危機)、一方でレパートリーの多様化、音楽的嗜好の変化により、最近は演奏会においてもそれらの作品を耳にすることは、きわめて少なくなっているように思います。演奏される場が少なくなれば、普遍的な芸術的価値を持った作品も忘れ去られていくのが世の常です。かのJ.S.バッハのマタイ受難曲でさえ、そうであったように…。
 ですから、少なくとも、それらの曲が一世を風靡した時代を知り、今なお自らの心の中にそれらの曲が大きな位置を占めている者たちが、音でその作品を世に問うのは重要と考え、来年6月に『枯れ木と太陽の歌』(1956年)、『月光とピエロ』(1949年)、『雨』(1967年)、『合唱のためのコンポジション鶚』(1963年)のプログラムでの演奏会を、既存の合唱団の枠の中にとらわれない形(公募形式)にて企画いたしました。今回、ハーモニーの新コーナーで私に原稿の依頼をいただきましたのは、このような姿勢を評価していただいてのことと思っております。

*********

 さて、前置きが長くなってしまいました。上記の中でも、特に最近演奏される機会が少ないのが『枯れ木と太陽の歌』だと思われます(あくまでも私の推察ですが)。ですから今回は特にこの『枯れ木と太陽の歌』に焦点を当ててみましょう。  作品の内容に深く触れる前に、私にとってこの曲は、「魂が震える」曲です。先日、この曲の練習をしたときも、演奏者(歌い手、ピアニスト、指揮者)はこの曲が持つ不思議なエネルギーにぐいぐいと引っ張られ、みな汗だくになりました。「一生懸命歌えば汗もかくよ」とお叱りを受けそうですが、そういった単純な感覚ではないのです。「男が男の生きざまを歌う爽快感、共感」といったものが、詩、音(メロディー、ハーモニー、リズム)すべてにみちあふれていて、いつの間にかその虜になっている、そんな感覚でしょうか。ですから、この曲に関しては、男声合唱以外ありえない、と考えています。

*********

 さて、この曲は永く全日本合唱連盟の理事長をなさった石井歓先生、35歳のときの作品です。先生がドイツ留学から帰国されて2年後に発表されました。ドイツではカルル・オルフに師事され、オルフの特徴である、単純な音型によるオスティナート、直裁的な感情表現、本能的で躍動的なリズム感覚を、『枯れ木と太陽の歌』の中にも随所に見てとることができます。
 また、作詞の中田浩一郎氏は、本名・中曽根松衛氏(元・芸術現代社社長、故人)であり、石井歓先生の盟友であられたとのことで、詩はこの曲のために書き下ろされたものです。石井歓先生が「この作品は孤独なる人間の、人生におけるつきつめた哀歌といった、だれにでも通ずるであろう内容に基づいて一貫したイメージを持って、予め作曲し、それを私の心の友である中田君と、曲を訂正し或いは詩を訂正しながら創り上げていったもので、ある意味では、音楽と詩が同時に生まれてきた、とさえ言えると思っています。」とおっしゃっているように、一般的な合唱作品とは少し違った形で生まれた作品であるとも言えます。以上のようなオルフの影響、作品誕生における特別な思い入れが、前述の不思議な魅力につながっているのかもしれません。
 また、私がこの曲に共感するもうひとつの大きな理由は、私自身が石井歓先生に音楽で触れているということでしょう。大学生のときに先生の指揮で先生の『明日香の風』を歌いました。そのときの先生の骨太な音楽作り、また自らピアノに座り、ピアノが揺れるほどの情熱を持ってピアニストをレッスンなさっている姿に接したとき、私の中で『枯れ木と太陽の歌』は大いなる存在感を持って普遍的な輝きを持つ曲となりました。

*********

 さて、こうした思いが、私の独りよがりなのか、それとも、この20世紀の大いなる遺産を熱い音で蘇らせたとき、21世紀を生きる人々の心もつかんでやまない曲なのか、今から来年6月の本番が楽しみでなりません。

★雨森文也と歌う男声合唱の夕べ~日本男声合唱黎明期を振り返って 2009年6月本番予定 http://chorusnews.net/rainforest/

 

[ FrontPage | 目次 ]


添付ファイル: fileamamori.jpg 192件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-31 (金) 09:09:12 (4056d)